日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

意気に感ず
イキニカンズ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年05月16日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

源氏鶏太の同名小説を「暗黒街全滅作戦」の小川英が脚色、「うず潮(1964)」の斎藤武市が監督したサラリーマンもの。撮影は「あばれ騎士道」の峰重義。

スタッフ

企画
岩井金男
原作
源氏鶏太
脚色
小川英
監督
斎藤武市
撮影
峰重義
音楽
小杉太一郎
美術
坂口武玄
照明
土田守保
録音
橋本文雄
編集
近藤光雄
スチル
荻野昇

ストーリー

神保物産営業部員志田英吉は、バー“グロン”で西田物産社長秘書皆川佐樹子に会った。西田物産の社長は神保物産から独立すると自分の会社を作り、神保物産の得意先を荒し、腕ききの営業マン志田を三十万でスカウトしようとしていた。志田はこの話をきっぱり断ったが、佐樹子をからかうつもりで「今夜貴女を抱けるなら」と話をもちかけた。佐樹子はその夜英吉に初めて身体を許した。翌日佐樹子に会って三十万受け取った英吉は、四年前辞職して九州にひきこもった東沢大介を連れ戻すため九州にとんだ。だが博多には佐樹子が出迎え、東沢との話にも西田産業の陰謀が入った。非常手段にでた英吉は、東沢が面倒を見ているバーのホステス若子を使って東沢を口説き落した。病身の神保社長は英吉のもたらした吉報に相好を崩したが、息子一郎常務を筆頭とする大井専務、村井営業部長らの一派は、思わぬ伏兵に動揺した。九州の謀略に怒った英吉は、佐樹子に会うと、三十万をたたきつけた。佐樹子の目は英吉に挑戦していた。佐樹子は英吉と対戦するため大沢営業部長につくと、日東カメラを初めとする神保物産の得意先を廻って契約をくつがえした。東沢は上京すると副社長の席に収まり、英吉と西田物産を訪ねた。西田は東沢に向って日東カメラの輸出権一切を戴いたと得意気に言った。この噂は一郎らに伝わり、株主総会をひかえ東沢副社長、英吉らの足をすくう材料となった。その夜英吉はヤクザに襲われた。またその頃若子は、西田物産のいきつけのバー“ロマン”に入って情報集めをしていた。西田物産が次ぎに狙ったのは京浜機械だった。取引停止の通達を受けて英吉は、峰社長と直談判し、条約契約を結んだが、一方神保物産では、東沢が英吉の書いた三十万の領収書をつきつけられ苦悶していた。一郎派の株集めは進み、敗色濃い中で東沢は西田物産の大株主に西田のやって来た実情を説いてまわっていた。そして、今夜ホテルで大株主と会う約束をしていたのだ。ちょうどその頃鷲子はバーロマンで西田たちが東沢を消そうとしているたくらみを聞き、また、村井がやくざ風の男を使っているのを知った。佐樹子も初めて西田悪らつさに気づくど、若子に協力した。村井の陰謀は総会を前に崩れ去った。佐樹子は遂に西田に辞表を叩きつけた。その佐樹子に強引に求婚したのは英吉だった。英吉は、感ずる所があって会社を辞め、大任を果した東沢も九州に帰った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。