日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おゝい、雲!
オオイクモ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年05月01日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

石原慎太郎の同名小説を瀬良時夫が脚色、「虹をつかむ恋人たち」の瀬川昌治が監督した青春もの。撮影もコンビの林七郎。

スタッフ

企画
秋田亨
原作
石原慎太郎
脚色
瀬良時夫
監督
瀬川昌治
撮影
林七郎
音楽
木下忠司
美術
北川弘
照明
銀屋謙蔵
録音
広上益弘
スチル
加藤光男
編集
祖田富美夫
スチル
丸川忠士

ストーリー

大学入試に失敗して浪人生活を送る西条十郎は、重苦しい予備校生活に反発して、友人で大金持の息子・桑原俊夫や友竹泰助とつれだってドライブに出た。途中、建築雑誌の社長・三島房子の娘・雪子、礼子が乗るスポーツ・カーやS大重量挙選手・辰巳の車と衝突して大混乱。だがこの騒ぎも辰巳のとりなしで事もなく収まった。三島房子は十郎の父・健吾と昔馴染み。健吾は素晴しい才能を持ちながらも、飛びぬけた理想の持主故に業界の波に乗れない建築家だった。また十郎は、秀才大学生の兄健哉と大学生の姉・美和子の三人兄姉の末っ子だ。一方辰巳は、美和子の同級生で、友人の兄滝沢英介と同様に美和子に惚れていた。しかし美和子はそんな思惑をよそに建築設計技師山形に好意を寄せていた。この十郎兄姉にとって最も頭のいたい事は、過去三人の妻と死別した健吾の再婚問題だ。健吾と房子とは親しい間柄だったが、房子の父・河元清之介の反対で結婚にふみきれないでいた。一方十郎は、雪子にほのかな慕情を寄せていた。そんなとき、健吾・房子の仲をねたんだ建築評論家・江見が、二人を誹謗する記事を書いて世間にセンセーションを巻き起した。これを知った十郎は江見を呼び出すと得意のパンチを見舞った。さらに山県が江見の誤りを指摘する評論を書いて江見を失脚させてしまった。美和子はそんな山県の姿にますます惹かれていく自分を感じた。健吾と房子のわだかまりも解け、河元も二人の結婚を認めた。十郎は、父・健吾の設計する、国立スポーツランドの設計図を見て父の偉大さを再認識し、来年の大学入試合格を誓うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。