日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 駅前金融
キゲキエキマエキンユウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年07月04日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

「喜劇 駅前医院」でコンビの長瀬喜伴がシナリオを執筆、佐伯幸三が監督した“駅前”シリーズ十二作目。撮影もコンビの岡崎宏三。

スタッフ

製作
佐藤一郎金原文雄
脚本
長瀬喜伴
監督
佐伯幸三
撮影
岡崎宏三
音楽
広瀬健次郎
美術
小野友滋
照明
榊原庸介
録音
長岡憲治
編集
広瀬千鶴
スチル
横山愈

ストーリー

場末の繁華街にある金成ビルの管理人伴野孫作と女房のかね子は、ホステスや近所の商人相手の高利貸をする金の盲者だ。ある日、ゴールデン・フジのホステスNO1の染子が、次郎のために金を貸りに来た。次郎には、恩師で会計学の権威前川博士の一人娘由美というフィアンセがいた。だが書生時代前川から見込まれた次郎も、学者を嫌ってバンドマンになった今、前川夫妻の頭痛の種であった。染子はそんなこととは露知らず次郎にぞっこんまいってしまった。そんなある日、前川夫妻は、四十歳にして経理士の資格を取った森田徳之助を祝うと称して、成金の高岡三平と由美を料亭“しまの家”で会わせた。三平と徳之助は大学が同期であったが由美の前でダイヤの指輪をちらつかせる三平に、祝の席を奪われてしまった。翌日、染子が工面した金を持って徳之助の所に現われた次郎は、三平の話を聞くとしょげこんだ。アパートへ帰った次郎を、由美が待っていた。由美は、「キャバレー勤めを止めて家に帰って欲しい」と次郎を口説いた。一方徳之助は、“しまの家”の経理士となった。女将圭子は、独身の徳之助に、何かと誘惑の手をさしのべた。徳之助は、金成ビルの持主、金成剛造の妻藤子にふられて以来、独身を通してきたのだった。そんな徳之助の所へ、次郎が前川から由美との話を破談にして欲しいと言われたと、血相をかえてやって来た。徳之助に入れ知恵された次郎は、翌朝、由美と母親花子を追って伊豆へ向った。三平と由美の部屋へ躍り込んだ次郎は、由美を表につれ出した。三平と結婚の約束を交わしたという由美に、次郎は金の力で負けた恨みを、金で晴そうと、伴野夫妻に弟子入りして高利貸修業に励んだ。やがて時がたち、由美は三平と結婚し、徳之助と圭子も結婚した。だが、景気のよかったゴールデンフジもつぶれ、金成ビルも危機に陥入った。この不景気風は三平のうえにものしかかり、会社はつぶれ、伴野もかね子に逃げられ、徳之助も圭子のケチ哲学に耐えられず家出を決行した。一方次郎は、この変動に気持を変え、またダンスホールのバンドマンとなった。ダンス音楽の流れる町に、由美と三平はやたいをひいて歩いていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。