日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あゝ零戦
アアゼロセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年09月04日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Zero-Fighters  
上映時間
87分  

「太平洋奇跡の作戦 キスカ」の須崎勝弥がオリジナル・シナリオを執筆、「大捜査網」の村山三男が監督した戦記もの。撮影もコンビの石田博。

スタッフ

企画
藤井浩明
脚本
須崎勝弥
監督
村山三男
撮影
石田博
音楽
木下忠司
美術
高橋康一
照明
渡辺長治
録音
三枝康徐
編集
鈴木東陽
スチル
薫森良民

ストーリー

最強を誇るラエ基地・海軍航空隊に若い夏堀中尉と峯岸二飛曹が着任して来た。隊長の梶大尉とその列機の徳永兵曹は、海空にその人ありと知られた零戦乗りだ。此の二人に夏堀と峯岸は実戦の厳しさを骨のズイまで叩きこまれ、逞ましく勇ましい露戦パイロットとして成長していった。激しい出撃が毎日続いた。戦局の切迫は、零戦を戦闘爆撃機として使用せよという命令が下った。戦闘機が爆弾を載んだらどうなるか。結果は余りにもひどかった。梶大尉徳永兵曹というベテランを失ってしまった。そんな中で夏堀は大尉に昇進、セブ島基地の隊長として比島に着任した。そこで海兵同期の小関大尉と逢った。二人は再会を喜んだが、その小関大尉も翌日の出撃で戦死してしまった。セブでも毎日戦闘が続いた。飛行機と飛行機の消耗戦である。墜しても墜しても米軍の反撃があった。そのうち、零戦に勝る新鋭機グラマンが南方の空に出現した。明らかに日本は受身の戦いに追いこまれた。この戦局の逼迫は、体当り攻撃“神風特別攻撃隊”を生んだ。夏堀は南九州基地に呼びかえされ、特攻の護衛戦闘機隊の隊長に任命された。連日、連夜、特攻出撃がくり返された。夏堀、峯岸は特攻を志顔したが、ベテラン・パイロットとしての腕を惜しまれた二人には特攻は許されなかった。しかし、兵力の不足は、遂に二人を特攻に編入させざるを得なかった。“南方海上に、有力なる機動部隊を発見す”の飛電に、夏堀は十数機を率いて飛び立った。峯岸も夏堀隊長の二番機として二五〇キロを腹に抱いて出撃した。やがて基地無電室に“グラマンと交戦中”という無電音波が入ったまま消息がとぎれた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。