日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若いしぶき
ワカイシブキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年08月07日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「この声なき叫び」の柳井隆雄と「忍法破り 必殺」の元持栄美が共同でシナリオを執筆、「背後の人」の八木美津雄が監督した青春もの。撮影は「おゝ猛妻」の平瀬静雄。

スタッフ

製作
板橋貞夫
脚本
柳井隆雄元持栄美
監督
八木美津雄
撮影
平瀬静雄
音楽
江口浩司
美術
平高主計
照明
津吹正
録音
中村寛
スチール
梶本一三
編集
浜村義康

ストーリー

夏川啓一は海沿いの小さな町に住む高校生。父守之助は、病身の母をほったらかして、妾の景子を囲い、そのうえ“女性の味方”と称して市会議員選挙に立候補していた。そんな父守之助に反抗した啓一は、景子を脅迫し、さらに新聞記者の土岐門太に父と妾のスキャンダルを売り込んだ。一方、高校ではクラスメートの沖津香澄が啓一に好意をよせていた。香澄の家は父良造が病気でたおれ、香澄は母なみを助けてアルバイトをしていたが、成績は抜群で大学進学を目ざしていた。そんな二人を担任教師堀川蓉子はあたたかい眼で見守っていた。ある日、啓一は新任の校長大貫の成績公表の方針に反対し二日間の停学処分を受けた。この騒動で、啓一の人気はますます高まり、啓一に想いをよせる積極的なタイプの梓英子は、海に啓一を誘い誘惑した。しかし香澄を心から愛する啓一は英子を相手にしなかった。また啓一の先輩、門太は蓉子先生にほのかな慕情をよせていたが、てれやの門太は自分の気持を打ち明けられないでいた。そして夏休みも過ぎたある日、大事件がもちあがった。香澄の兄孝が勤め先の工場から、三十万円を持ち逃げしてしまったのだ。これを知った啓一は香澄一家を救けようとクラスメートを集めアルバイトを始めた。だが収益は三十万円にはとてもおよばなかった。そんな時、別れたはずの景子が再び守之助のところに電話をかけてきた。これを知った啓一は父親、守之助の弱みにつけこんで三十万円を出してもらうことに成功した。香澄はそんな啓一たちクラスメートの友情にうたれ、大学にいくことを断念し、東京へ就職して再出発することを誓った。東京へ出発する香澄の汽車を啓一はいつまでも見送っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。