日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新蛇姫様 お島千太郎
シンヘビヒメサマオシマセンタロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年09月18日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

川ロ松太郎の原作を、「股旅 三人やくざ」の沢島忠と中島信昭が共同で脚色、沢島忠が監督した人情もの。撮影は「任侠木曽鴉」の古谷伸。

スタッフ

企画
小倉浩一郎折茂武雅
原作
川口松太郎
脚色
沢島忠中島信昭
監督
沢島忠
撮影
古谷伸
音楽
米山正夫
美術
矢田精治
照明
中山治雄
録音
中山茂二
スチール
杉本昭三
編集
堀池幸三

ストーリー

野州烏山。「ひのき屋」の娘おすがに恋慕して、おすがの父米太郎を殺害した烏山藩家老佐伯左衛門の末子彦四郎は、おすがの兄千太郎に斬殺され、千太郎は出奔して旅芸人市川十蔵一座にかくまわれた。おすがは兄と別れて烏山三万石藩主の息女琴姫にひきとられた。父に代って藩政を執る琴姫に、家老佐伯左衛門は、三斗蒔山に本拠をかまえ御禁制の密貿易、浮世絵皿をつくっては、琴姫を陥し入れようと企てていた。お家大事と剣客植原一刀斎の使いとして使者となったおすがは、左衛門の長男一郎右衛門に殺害された。帰城を待ちかねた琴姫は、忍び寄る烏蛇に変事をさとり愕然とした。一方千太郎は、おすがが琴姫に殺されたという噂を信じて、琴姫に斬りかかった。笛の音に琴姫をひき寄せ、琴姫の命を狙う千太郎は琴姫から、妹を斬り、ひのき屋を焼いたのは佐伯左衛門だと知らされた。一刀斎の報告で、密貿易の確証を握り、一家の恨みを抱いた千太郎は、佐伯左衛門めざして、とびこんだ。一途な千太郎の身を案ずる市川一座の花形お島は、琴姫に助勢を懇願した。琴姫は、愛する男を案ずる懸命な姿に打たれ、わが身の不自由さに涙するのだった。烏山城下の船着場、御禁制の品々が船積みされようとするところへ駈けつけた千太郎は、左衛門の長男一郎右衛門に体当り、次男亀次郎に迫られ、たじたじのところを一刀斎を先頭に江戸藩邸の侍たちが雪崩れこんできた。私腹を肥やさんとした左衛門の密貿易は未然に防がれ、お家安泰。烏山藩は病身の父に代って、若君小太郎が継ぎ、琴姫はめでたく大藩にお輿入れ。千太郎とお島は、幸せに胸をふくらませて十蔵一座の旅を行く。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。