日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

明治侠客伝 三代目襲名
メイジキョウキャクデンサンダイメシュウメイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年09月18日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

紙屋五平の原案を、「日本侠客伝 関東篇」の村尾昭と「大阪ど根性物語 どえらい奴」の鈴木則文が共同でシナリオ化、「幕末残酷物語」の加藤泰が監督したやくざもの。撮影は「大勝負」のわし尾元也。

スタッフ

企画
俊藤浩滋橋本慶一
原案
紙屋五平
脚本
村尾昭鈴木則文
監督
加藤泰
撮影
わし尾元也
音楽
菊池俊輔
美術
井川徳道
照明
北口光三郎
録音
野津裕男
編集
河合勝巳
スチル
深野隆

ストーリー

喧嘩祭りに賑わう大阪の町角で、木屋辰一家の二代目江本福一が小倉の無宿者中井徳松に刺された。浄水場工事を請負う野村組の現場に資材を送りこむ木屋辰への、星野建材星野軍次郎のいやがらせであった。星野の配下唐沢組を使っての指金であることはわかっていながら、確証が掴めず、木屋辰の一人息子春夫は、不貞くされて家を飛び出した。木屋辰の乾分菊池浅次郎は、春夫の身を案じてお茶屋松乃屋を訪ねた。松乃屋の娼妓初栄が唐沢にしぼられ、親の死に目にも会えないのを知った浅次郎は、初栄を親元に帰してやるのだった。二代目は床に伏し、春夫不在の木屋辰組は、浅次郎の采配で仕事を続けた。だが唐沢組は陰湿ないやがらせを重ね、浅次郎らの足をひくのだった。資材不足で工事の遅れを詑びる浅次郎に、野村組社長野村勇太郎は、快よく励ましを送った。ある日初栄が親の死に目に会えた礼をのべるため浅次郎を訪れた。だが初栄は松乃屋で唐沢から制裁を受け、浅次郎は唐沢と対決する破目となった。木屋辰一家の客人石井仙吉の機知で浅次郎は救われたが、その時、二代目は息をひきとっていた。二代目の遺言で跡目に浅次郎があげられたが、これを不満とする春夫は家を飛び出そうとした。業を煮やした浅次郎は三代目の名は継が建材店を春夫に継いで欲しいと言い、野村に春夫の行く末を頼んだ。数日後、浅次郎の襲名披露が行われた夜、初栄は唐沢に身請けされていた。三代目の初仕事に、星野は横槍を入れたが、野村の献身的な努力で江本建材は軌道に乗った。春夫の手紙に喜ぶ浅次郎のもとに大阪のひさから、春夫、仙吉の二人が星野、唐沢に刺殺されたと知らせて来た。浅次郎は短刀を握りしめ、星野建材にのりこむと、星野、唐沢を刺した。初栄の熱い視線を受けて、三代目浅次郎は駆けつけた巡査に両手を差し出した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。