日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 駅前大学
キゲキエキマエダイガク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年10月31日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

「喜劇 駅前金融」でコンビの長瀬喜伴がシナリオを執筆、佐伯幸三が監督した“駅前”シリーズ第十三作目。撮影もコンビの岡崎宏三。

スタッフ

製作
佐藤一郎金原文雄
脚本
長瀬喜伴
監督
佐伯幸三
撮影
岡崎宏三
音楽
松井八郎
美術
小島基司
照明
榊原庸介
録音
原島俊男
編集
広瀬千鶴
スチル
橋山愈

ストーリー

入学試験のシーズンがやって来た。東台大学にも全国津々浦々から、未来への希望に満ち溢れた若人たちがやってきた。その中に丹波の山奥からでてきた苦学立行型の森田徳之助や山形県蔵王の麓からやって来た、落第の常連伴野孫作、東京に居ながら今年で五浪というベテラン三井三平らがいた。それから二十数年の歳月が流れた。徳之助はみごとに試験をパスして、今や東台大学の教授。孫作はカンニングがバレて試験に落ち、今は駅前にデパートを開店していた。三平も試験に落ち、自分の能力の限界を知り、大学の守衛となるかたわら大学の近くで「満貫荘」という麻雀屋をやっていた。しかし、この三人なせが、よくウマがあい、今なお学友気分で、親しいつきあいを続けていた。そうしたある日、この大学へ体育の先生として坂井次郎が赴任してきた。ところが、この男は入学試験の時、三平のカンニングをみつけた坂井教授の息子であった。そんな因縁もあって、次郎は徳之助の世話で孫作の家の離れに下宿することになった。またこの次郎が世話になることになった孫作の女房圭子は、徳之助がかつて想いをよせた初恋の女性であった。が圭子は徳之助を嫌って孫作のもとに嫁ぎ、以来徳之助は独身でとおしていた。だが、そんな徳之助にも春がめぐってきた。大学の医務室に勤める染子に惚れ、見事思いをとげ結婚したのだ。一方の次郎も、自校のハード・トレーニングの最中に“羽衣の松”で知り合った、天女とみまごうほどの美女由美を口説きおとして結婚した。こうして駅前大学の周辺はバラ色の人生で埋まっていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。