日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

無頼漢仁義
ブライカンジンギ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1965年12月04日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

「ダニ」の下飯坂菊馬と「日本侠客伝 関東篇」の野上龍雄が共同でシナリオを執筆、「暗黒街仁義」の渡辺祐介が監督したヤクザもの。撮影は、「昭和残侠伝」の星島一郎。

スタッフ

企画
俊藤浩滋矢部恒
脚本
下飯坂菊馬野上龍雄
監督
渡辺祐介
撮影
星島一郎
音楽
木下忠司
美術
森幹男
照明
梅谷茂
録音
広上圧三
スチール
藤井善男
編集
長沢嘉樹

ストーリー

ダムに通じる山道の拡張工事を請け負う陣内組は、親会社大和建設と取り交わした契約期間内に仕上げようと、現場主任稲村修を先頭に懸命の追いこみにかかっていた。ところが、陣内組とは商売仇の大鹿組と結託した石材商南波は、工事中の道にダンプカーを走らせて、工事を幾度となく妨害していた。そんな時、陣内源吉の息子壮一が、現場監督として大和建設から派遣されてきた。一方「身許が確かじゃねえ奴は雇わない」という稲村を強引におしきって陣内組の仲間入りをした一匹狼牧は、この大学出の理屈の多いインテリ青年壮一とことごとく対立した。そうしたある日「三百万円だせば、十日間はこの道を通らない」という南波からの申し入れがあった。工事の完成を急ぐあまり壮一は、稲村の反対を押し切ってこの話を承諾した。だが、壮一にそんな大金があろうはずがなかった。そんな時大鹿組の組長英太郎が壮一に三百万円の融資を申しでた。今は藁にもすがりたい思いの壮一は、腹黒い英太郎の謀略に気づかず英太郎がさしむけたバーのマダム徳子の色仕掛に酔いしれて、夢うつつのまま英太郎の差しだした念書に契約のサインをしてしまった。念書には「工事期間は七日間。出来ない場合には陣内組は解散」と記されてあったのだ。十日間でも難しい工事を七日間で……。さすがの壮一も自分の重大な過失にうろたえた。しかし稲村は、そんな壮一をかばい、なんとか工事を期日までに完成させようと、昼夜三交替の突貫工事を始めた。むろん稲村自身の休むひまはない。そんな稲村の姿を、稲村に思いをよせる工事現場の賄婦奈美は心配気に見守っていた。一方自責の念にかられた壮一は単身大鹿組に赴き、念書をとりもどし焼却したものの、大鹿組に捕ってしまった。これを知った稲村は、一人大鹿組になぐりこみ、壮一を救けだした。稲村を追ってかけつけた牧ら陣内組と大鹿組の間に激烈な乱闘が展開され、稲村は重傷を買いながらも大鹿を刺した。静寂を取り戻した工事現場の片隅で稲村の白い柩にとりすがって泣く奈美の姿が哀れであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。