日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あばずれ
アバズレ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年02月25日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「暗黒街仁義」の渡辺祐介と「ジェリーの森の石松」の神波史男が共同でシナリオを執筆、渡辺祐介が自ら監督した風俗もの。撮影は「冷飯とおさんとちゃん」の飯村雅彦。

スタッフ

企画
秋田亨
脚本
渡辺祐介神波史男
監督
渡辺祐介
撮影
飯村雅彦
音楽
木下忠司
美術
森幹男
照明
桑名史郎
録音
広上益弘
スチール
遠藤努
編集
長沢嘉樹

ストーリー

鋳物工場の立並ぶ埼玉県川口市、荒川放水路脇の貧民街。そこのベッドハウスに住む松永ユキは罐詰工場に通いながら、酒びたりの父親民三とバクチに明け暮れる弟ケンジを養っていた。そんなユキを、隣人の焼芋屋のオヤジ遠見源造は暖い眼で見守り、彼が空中ブランコのスターとして華やかに過した若かりし頃の想い出話をユキに聞かせるのだった。こうしてユキは次第にサーカスを夢見るようになった。が、そんなある日、ユキは民三がベッドに住む後家と深い仲になって子供をはらませたことを知った。このことがあって以来、父民三に嫌気がさしたユキは、以前源造爺さんから聞いたノグチ・サーカス一座を訪ね、強引に団長野口辰五郎を口説きおとして、一座に仲間入りした。ところが、この一座の花形ブランコ乗り梅村哲次は、大変な好色漢で、仲間の猛獣使い山本文造の妻洋子と関係をもつ一方、ユキにも色眼を使いだした。が、こんな哲次の姿を面白く想わないのは、数年前父のブランコでの事故死によってブランコ乗りをやめていた矢代三郎だ。三郎は、ユキに密かな想いをよせていたのだ。やがて、三郎はユキのために再びブランコに乗る決心をした。ユキと共にブランコの練習に励む三郎の顔は、明るかった。そんな三郎にユキも次第に心魅かれ、二人の間にはいつしか恋が芽生えていった。ところがそれもつかの間、ある日ユキは哲次に無理矢理に犯されてしまった。ユキはやがて妊娠し、三郎は哲次を刺すと、そのまま姿をくらましてしまった。ユキも三郎を追って街をさまよい、ある日街のバーで、今は愚連隊に身をやつしている三郎に会った。その後二人は久しぶりの甘い陶酔に浸った。が、翌日三郎の今の兄貴分が、ユキに客をとらせろと迫った。三郎はこれに反抗し、乱闘の未、刺されて息絶えてしまった。今は夢も消えはて、しょんぼりとベッド・ハウスにもどって来たユキを暖かく迎えてくれたのは、あの源造爺一人であった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。