日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

野菊のごとき君なりき(1966)
ノギクノゴトキキミナリキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年05月21日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

伊藤左千夫の原作を「香華」の木下恵介が脚色、「妻の日の愛のかたみに」の富本壮吉が監督した文芸もの。撮影もコンビの小原譲治。

スタッフ

企画
藤井浩明
原作
伊藤左千夫
脚色
木下恵介
監督
富本壮吉
撮影
小原譲治
音楽
木下忠司
美術
間野重雄
照明
木村辰五郎
録音
飛田喜美雄
編集
関口章治
スチル
大葉博一

ストーリー

老人は、六十年前に過ぎ去った、ほのかに若く、そして甘い青春の想い出にひたっていた。--ゆったりとした川の流れる平和な里で、いとこ同士の政夫と民子は、まるで姉弟のようにして育った。民子が十七歳、そして政夫が十五歳の秋。民子は、村一番の旧家の女主人である、病身の政夫の母の看病に、数里離れた川下の町からやって来ていた。二人は幼いころと同じように、ふざけ合い、楽しく語り合った。ところが、こんな二人の仲を、村の人たちが、噂しはじめ、同じ家にいる作女のお増や、底意地の悪い嫂のさだまでもが、ことあるごとに、二人に悪恵に満ちた嫌味をあびせるようになった。だが、政夫の母は、そんな二人を、いつも温い眼で見守っていてくれた。秋祭が近ずいたある日、政夫は、母の言いつけで、民子とともに山畑に綿摘みにでかけた。そのころには、周囲の噂が、かえって二人の仲を近づけ、二人の心にはほのかな恋心が茅ばえていた。人気のない山の中で、初めて二人きりになれた民子と政夫は、仕事の終った後、時のたつのも忘れて楽しい一時を送った。民子は、政夫を“リンドウ”にたとえ、政夫は民子を“野菊”のようなひとだと言った。家へ帰ると、すでに陽は落ちていた。これが原因で、二人の仲はことさら疑われるようになり、政夫は、予定を繰りあげて、市の中学に送りだされた。やがて、冬休みがやって来た。政夫は心をときめかせて家に帰った。だが、民子はさだの手で強引に里帰りさせられていて、会うことはできなかった。それから一年半の歳月がながれたある日、政夫は母からの電報で家に帰った。気重なふん囲気が、家全体をおおうなかで、母は涙ながらに、民子の死を語った。民子は、政夫の母の説得で、町の資産家に嫁いだものの、心が晴れず、病気になり実家に帰っていたのであった。死ぬまで、一度も政夫の名は口にしなかった民子だったが、死出の彼女の胸には、しっかりと、リンドウと政夫の手紙が抱きしめられていたのだ。--咲きほこる野菊をみる老人の眼には涙が光っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。