日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

三等兵親分
サントウヘイオヤブン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年05月21日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「逃亡」の棚田吾郎のシナリオを、「おゝい、雲!」の瀬川昌治が監督した喜劇もの。撮影は「肉体の盛装」の坪井誠。

スタッフ

企画
俊藤浩滋矢部恒
脚本
棚田吾郎
監督
瀬川昌治
撮影
坪井誠
音楽
木下忠司
美術
中村修一郎
照明
銀屋謙蔵
録音
内田陽造
スチル
田中真紀夫
編集
祖田富美夫

ストーリー

中部第三三九部隊には赤紙一枚で補充兵として召集されたいろいろな人間が集った。大学出の中林、十文字組の大親分兵頭、サーカス出身の豊川、辻占師大峰、運転手の清水、警察官の赤松にスリの小坂と前歴は様々だった。何の予備知識もない補充兵たちは上官の堀軍曹や古参兵たちに大いにしごかれた。彼らにとって中隊長の橋爪中尉は雲の上の人だったが中尉と中林とは中学時代の同期生だった。中林のインテリぶりが気にくわない兵頭も、殴っても殴っても起ち上がる中林には惚れこんでしまった。ある日、中林宛てに遊女カズ子から手紙がきた。中林は赤紙を受取るとすぐに遊廓にくり込み、カズ子を知ったのだ。誤字だらけの手紙は真情に溢れたものだったが、それが古参兵たちの間で読み上げられ、中林は涙を流して屈辱に耐えた。同情した兵頭は手づるをつかんで中林を遊廓に送りこんだ。だがカズ子との再会もつかの間、憲兵隊に乗り込まれた中林は十文字組へ逃げこんだ。一方、部隊内では、中林が三日以内に帰らなければ脱走兵として軍法会議にかけられるというので大騒ぎだった。兵頭がうまいことを思いついた。軍旗を隠してしまえば脱走騒ぎどころではなくなるというのだ。サーカス出の豊川の働らきで計画はまんまと成功した。軍旗がなくなったというので部隊長は蒼くたった。そこで兵頭は大峰の占いで軍旗を探し出すから中林の件には目をつぶってくれと申し入れた。大切な軍旗をなくしては脱走騒ぎどころではない部隊長は一も二もなく承知した。勿論、軍旗は戻り、中林も無事帰隊することができた。中林にとって補充兵仲間の暖かい友情は生涯忘れることのできないものとなった。やがて彼らは輸送船の中で、軍歌ならぬ河内音頭を歌って戦地に向うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。