日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

殿方御用心
トノガタゴヨウジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年06月22日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

曽野綾子の原作『キャンパス110番』を、「わが愛を星に祈りて」の池田一朗が脚色し、新人の土井茂が監督した青春もの。撮影は「泥棒番付」の武田千吉郎。

スタッフ

企画
財前定生
原作
曽野綾子
脚色
池田一朗
監督
土井茂
撮影
武田千吉郎
音楽
斎藤一郎
美術
下石坂成典
照明
山下礼二郎
録音
大谷巖
スチル
西地正満
編集
山田弘

ストーリー

女子大生佐藤ノエミは合気道二段の腕前で、親友の倉石松子と共に新聞部に入っている。たまたま、新任の教師が女子大生亡国論をぶったのだが、それが二人反抗心をかき立ててしまった。ノエミはその教師を痴漢と間違えたふりをして投げとばした。そして女子大生亡国論の反論を実証しようと、デンスケをかついで街に出ていった。もっとも内心ではボーイハントの方に重さを置いていたのだ。二人が最初に会った男子学生は西村だった。鈍重だが冷静な判断力を持つ西村にノエミは早くもポーとなってしまった。一方松子はスポーツカーを持ち、遊んでばかりいる松下という学生にインタヴューしていたのだが、これが大変な学生だった。亡国論については何も知らず、松子に抱きつこうとばかりしている、有様だった。二人はその後、色色な学生にあったが、目的はボーイハントにあったのだから、成果は知れていた。松子はサツ廻りの新聞記者向井に一目惚れして一緒に事件をおいかけたり、死体を見て気絶したり。一方西村と一緒に農村の探訪を行なったノエミは、一つのふとんに西村と一緒に寝かされて、ギョッとするが、内心満更でもなかった。二人にはもう亡国論はどうでもよかったのだった。こうしてノエミと松子は各々の恋を追いかけ、だが、ついでに社会勉強も怠らないというチャッカリした計算だった。それは、新聞部に籍を置くジャーナリスト精神だと二人は自認していた。だが、そう簡単にいくものではなかったのだ。向井潤吉には妻子がいることがわかり、松子は自殺を図って失敗した。一方ノエミも、自分が今の両親の実子ではないことを知りショックを受けた。だが、間もなく、そうした現実の厳しさにもめげず、二人はたくましく生きようと学園に戻っていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。