日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

熱い血の男
アツイチノオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年07月01日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「男の魂」の星川清司がシナリオを執筆、コンビの梅津明冶郎出演が監督したアクションもの。撮影もコンビの加藤正幸。

スタッフ

製作
杉崎重美
脚本
星川清司
監督
梅津明治郎
撮影
加藤正幸
音楽
市川昭介
美術
宇野耕司
照明
中村明
録音
新楠元
スチール
小尾健彦
編集
大沢しづ

ストーリー

テストドライバーの榊拓次が、数日後に迫ったグランプリ・レースに出場するため連日猛練習をしていた。ある日、拓次に一通の電報が届いた。父雄吉が死んだというのだ。拓次は一緒に行くというスピード狂のマリをふりきり、愛車カラベルで郷里に向かった。家では昔から榊組にいる辰造が読経していた。拓次は、父が榊組の五千万円を横領して飛竜の滝に身投げしたという話を信じなかった。だが、榊組の実権は黒部丈介と弟の弘が握っていた。拓次は真相を調べようと組の運転手になった。そして五郎と城山鉄を味方に引きいれたが、鉄は、拓次が妹の、みさと仲良くしているのを見て、ことごとく拓次に反発した。黒部は、立木の盗伐や横流しなど悪辣な手で私腹をこやしていた。だが、それには、拓次が邪魔になり拓次を殺害しようと計画を練った。そして、みさが絵を描いている崖にダイナマイトを仕掛け、拓次がくるのを待っていた、だが拓次は間一髪でみさを救った。そして激しく抱きあう二人を見た鉄は拓次を殴ったが、三人もろともダイナマイトで吹っ飛ばせ、という黒部の声をトランシーバで聞くと、不敵な顔で拓次と握手するのだった。やがて、黒部を追って東京に出た拓次は、森山倉庫の社長から、父が生きていることを知らされた。だが、黒部一味は、自殺と見せかけて雄吉を殺そうとすでに飛竜の滝に向っていた。再び、拓次は、愛車カラベルにとび乗って黒部一味を追った。そして、危うく父雄吉が殺されようとするところにとびこみ、奮戦の末、ついに黒部一味を粉砕した。今は心おきなく、晴れやかな気持ちの拓次は、別離を悲しむみさを残して、再びレーサーとしての情熱を賭けるべく去っていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。