日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

空いっぱいの涙
ソライッパイノナミダ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年05月21日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

放送作家の大津皓一と「おかあさんのばか」の水川淳三が脚本を共同執筆、「裸の青春」の水川淳三が監督した青春もの。撮影はコンビの堂脇博。

スタッフ

製作
鈴木和年
脚本
大津皓一水川淳三
監督
水川淳三
撮影
堂脇博
音楽
八木正生
美術
芳野尹孝
照明
津吹正
録音
熊谷宏
スチール
梶本一三
編集
太田和夫

ストーリー

売れっ子のギターリスト杉俊介は、殺人的スケジュールに追われ、マネジャー大原容子の傀儡と化した生活を送っていた。東北巡業の帰途、彼は交通事故で失神しかけているアキコを救った。東京では相変らずの喧騒が彼を待っていた。彼は仲間と乱痴気騒ぎの最中、突然アキコの訪問を受けた。そして歌手志望のアキコを説得して田舎へ帰らせようとしたが、駄目だった。ある日彼はアキコを誘って横浜に遊んだ。童心に帰り夢を語るうち、ふたりはいつしか恋を感じ、初めて唇を重ねた。帰宅したふたりに容子は嫉妬の目を向けながら、俊介の母の死を告げた。しかし彼は葬儀に出ようとしなかった。俊介には令嬢岡野美子と婚約した兄昭一がいた。そして母菊江は昭一を偏愛していた。また俊介の出生には、昭一という子があった母菊江を、俊介の父が手ごめにして生ませたという秘密があり、そのため母は、俊介を憎み、それが彼を孤独に追いやっていたのだった。そんな時昭一が土木省の汚職の嫌疑を受けた。容子は昭一に、俊介とアキコを別れさせてくれれば政界の黒幕永井連吉に金を借りてあげると提案した。しかしそれも永井の裏切りで流れた。勤めを辞め婚約を破棄されヤケになった昭一は俊介を訪ねた時、そこにいるアキコを見て襲ったが、帰った俊介にとめられ、俊介の出生の秘密をあかした。信じられない俊介は昭一の言葉に怒り喧嘩を始めた。そこへ俊介にうらみを持つチンピラが押入り、ギターリストの生命である右手をつぶそうとした時、昭一は心を動かされて俊介を助けた。三人はアキコの通報で警察へ連行されたが、間もなく帰された。俊介は念願のリサイタルに大成功をおさめた。田舎へ帰ることになったアキコから楽屋に電話があり、昭一が受けた。しかし昭一はアキコのメモを残し汚職の件で再び連行されて行った。舞台を終えた俊介はそのメモを見ると、遂にギター稼業を捨てる決心で、アキコの列車を追うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。