日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

かあちゃんと11人の子ども
カアチャントジュウイチニンノコドモ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年10月01日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Our Wonderful Years  
上映時間
106分  

吉田とらの原作を「恐山の女」の堀江英雄が脚色し、同じく「恐山の女」の五所平之助が監督した実話の映画化。撮影は「俺たちの恋」の長岡博之。

スタッフ

製作
島田昭彦
原作
吉田とら
脚色
堀江英雄
監督
五所平之助
撮影
長岡博之
音楽
斎藤一郎
美術
浜田辰雄
照明
津吹正
録音
服部満洲雄
スチール
小尾健彦
編集
大沢しづ

ストーリー

とらは十四歳の若さで吉田貞治の許へ嫁いだ。彼女がまだ高等小学校へ通っていた時である。伊豆地方には足入れ(仮祝言)の習慣が残っていて、正式に結婚式を挙げたのは翌年の大正十五年で、彼女はその時既に長女の成子を宿していた。貞治は記念にと彼女にハコセコを買って与えた。貞治は進取の気性に富み、農耕の他に、養蚕、肥料店、牛乳屋を兼業していたから、生活に困るということはなかった。そして吉田家は、十二年を経た時には、成子を筆頭に六人の子供に恵まれていた。昭和十二年、日中戦争が勃発、静かな西伊豆の村にも、戦争の波がおしよせ、貞治の弟善作に続いて貞治にも召集令状が来た。とらは、貞治の帰還する昭和十四年秋まで、仕事と六人の子供を抱えて奮闘した。台風にも負けはしなかった。そして貞治との間に交換された手紙は三百通を越えた。貞治の帰還で吉田家に再び幸福が戻ってきたが、戦局は激しくなるばかりであった。戦地で輜重二等兵として苦労した貞治は、子供だけには教育を受けさせたいという強い願いを持っていた。長女成子が静岡の師範学校へ入学、牛乳屋の第一号進学に次いで、次女旭子も師範学校へ、長男聖は東京の中学へと入学した。その間にも子供は三人もふえていた。そして二十三年に生れた末っ子の都をいれて、十一人を数えていた。子供は成長してそれぞれの道を歩み始めた。そんなある日、末っ子都の書いた詩「かあらゃん」が総理大臣賞を受賞した。とらは嬉しかった。だがそれ以上に彼女にとって嬉しいのは、夫にもらったハコセコが、いまだに村人たちの結婚式に借りられることだった。幸福を呼ぶハコセコだと評判なのである。とらは今日も忙しい一日に飛び出して行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。