日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

おはなはん 第二部
オハナハンダイニブ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年10月01日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

NHKテレビで放映中の小野田勇、林謙一の原作を、「おはなはん」の山田洋次や、元持栄美、桜井義久、吉田剛が脚色し、前作同様野村芳太郎が監督した続編。撮影はコンビの川又昂。

スタッフ

製作
斎藤次男
原作
小野田勇林謙一
脚色
山田洋次元持栄美桜井義久吉田剛
監督
野村芳太郎
撮影
川又昂
音楽
小川寛興
美術
佐藤公信
照明
三浦礼
録音
山本忠彦
スチール
赤井博且
編集
浜村義康

ストーリー

二十五歳の若さで未亡人になってしまったおはなはんは、夫の従卒だった細倉夫婦とも別れて、夫の故郷鹿児島へ帰った。がんこじいさんの襄介も、傷心のおはなはんには、優しく慰めの言葉をかけるのだった。やがて、生れ故郷大洲の実家に帰ったおはなはんは、ようやく心の余裕を取り戻し、これからは二人の子供を立派に育てようと決心した。それは間もなく起った父の銀行の倒産という不幸にも変らなかった。そして長男の謙一郎が大病を患った時三日三晩、寝ずの晩の看病で救ったのである。その事が契機になって、おはなはんは女医になる決心をした。人生に積極的なおはなはんは、結局、田舎町に埋もれてはいなかったのである。明治四十二年おはなはんは再び東京へ向った。そして、女ばかりの下宿屋に寝とまりしながら、必死の勉強が始まった。隣室の秋、お春という姉妹と仲良くなったおはなはんは、ある日、屋台の天ぷら屋をやっている細倉夫婦に会った。喜びの再会であった。やがて、細倉の許に身を落ち着けたおはなはんは、努力のかいがあって、見事東京女医学校に合格した。しかし、喜びの後には悲しみが待っていた。おはなはんの母、てるが死んだのである。二児を連れて帰郷したおはなはんは、また、新たな悲しみの涙にくれたが、子供を立派に育てると仏前で誓うのだった。そして、この悲しみを乗り超えたおはなはんは、東京に戻ると、二児の世話をしながら、女医学校に通うという忙しい毎日を送ったが、おはなはんには充実した日々だったのである。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。