日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

狸の休日
タヌキノキュウジツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年10月22日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

新鋭米谷純一と「狸の王様」の脚本・監督の山本嘉次郎が脚本を執筆、山本嘉次郎が監督した“狸シリーズ”第四作目。撮影は「風来忍法帖 八方破れ」の飯村正。

スタッフ

製作
菅英久
脚本
米谷純一山本嘉次郎
監督
山本嘉次郎
撮影
飯村正
音楽
広瀬健次郎
美術
村木与四郎
照明
西川鶴三
録音
刀根紀雄
スチル
田中一清
編集
大井英史

ストーリー

松本敬二は頭の切れることでは天下一品だが、ちょっとした小悪党で、今日も彼に惚れている相棒の南田マチ子と靖国神社で網を張ってカモ待ちである。マチ子がお色気攻勢にでてカモがついその気になった瞬間、敬二が「オレはケイジだ」と凄む新手の美人局である。引っかかったのが田舎刑事の柳一平、ところが二人の悪党を狙う刑事が現われせっかくのチャンスもフイとなってしまった。翌日また靖国神社で刑事に見つかった二人組は駐車中の観光バスに逃げ込み、あげくのはて泥棒精神を発揮して車ごとそっくり頂いてしまった。甘い汁を吸った二人は今度は東北行きの観光バスに乗った。その中で中年男北野大造と姪のタケ子の二人連れと知り合ったが、彼等も敬二、マチ子と同様の美人局の常習犯で、お互いに凄みあう一幕もあった。さて一文なしの敬二とマチ子は何とかカモを見つけないと遠出した甲斐がないとばかり、旅館につくや、部屋から部屋へと獲物を探し始めた。ところが大造とハチあわせ、あわてた二人はついに発見され逃げ出したが、どこでどう間違ったか、敬二はタケ子と、マチ子は大造と逃避行にはいった。やっとの思いでマチ子の居所を探し当てた敬二は、彼女が大造と無銭飲食で警察につき出されているのに出会った。イチかバチか敬二は刑事になりすまして田舎警察へのりこみ、引き渡しを要求したが、帰ってきた柳一平主任刑事とバッタリ、結局は敬二に弱味のある一平が二人を釈放する羽目となった。警察を出ると、敬二とマチ子は山形名物花笠踊りの観光客を狙って旅館へ泊った。だがまたそこに番頭と女中になりすました大造とタケ子がいるのだった。ある晩タケ子の係の部屋の客が殺され、タケ子がその男から預った貴重品袋から一万円札の銅板が出てきた。さあ四人はあわてた。一平に追われ、一万円札偽造団一味に狙われる始末。造いつ追われつのシーソー・ゲームがはじまった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。