日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

命果てる日まで
イノチハテルヒマデ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年11月26日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

「坊っちゃん(1966)」の柳井隆雄と「おはなはん 第二部」の桜井義久、「なつかしい風来坊」の森崎東の三人が、共同でシナリオを執筆、「おはなはん 第二部」の野村芳太郎が監督したメロドラマ。撮影はコンビの川又昂。

スタッフ

製作
杉崎重美
原作
菊田一夫
脚色
柳井隆雄桜井義久森崎東
監督
野村芳太郎
撮影
川又昂
音楽
木下忠司
美術
佐藤公信
照明
金沢清
録音
栗田周十郎
スチール
赤井博且
編集
浜村義康

ストーリー

グラフィック・デザイナーの岡田健は、洋裁店に勤める恋人の伊藤和江に見送られ、京都に向う超特急の中で、以前彼が業界誌に発表したデザインの着物を着ている美しい高森綾子に魅せられた。綾子は京都では老舗の西陣の織元の娘であった。デザインを盗用された健が版権料を請求に綾子の父仙造を訪ねると、思いのほか、恐縮した仙造は謝罪した上に、今後の着物と帯のデザインを健に依頼した。帰京後健は恋人の和江と逢った。和江は友人のまり子と一緒に健と同じアパートに住んでいて、二人は夫婦同様の生活をしていたが、和江は飲んだくれの父寅夫のことを考えると、健との結婚にも踏みきれなかった。和江は健のスケッチブックの中の美人を見て何故か気になった。再び仕事で京都を訪れた健は、そこで仙造の死と綾子と信用金庫の理事、中川信行との婚約を知り、淋しい気持で帰京した。しかし数日後健は、親類の川崎幸雄や芳子の家に遊びに来ていた綾子と妹みどりの訪問を受けて驚いた。再会して健と楽しいひと時を過ごした綾子は、急速に健に惹かれていくのをどうしようもなかった。一方和江は父親に最後の願いだからと多額の金を頼まれ、それを元に父さえ遠くへ行ってくれたら健との結婚も早く出来ると思い、店の金を渡してしまうが、同僚から健が綾子と逢っているのを聞いて、深い悲しみに沈むのだった。綾子と再会した翌日健は、洋裁店のマダム京子に和江との結婚を勧められた。数日後、山中湖畔にある綾子の別荘に誘われた健は、そこで彼女を激しく抱擁した。翌日健を探しにきた和江に服毒心中をせがまれ、半ば絶望的になった健は同意してしまうが、土壇場にきて和江にだけ楽をのませてしまった。良心に苛まれ、綾子に一切を話して自首を決意した健は、和江の死体を前に嗚咽するのであった。そして彼も和江の後を追うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。