日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

兄弟仁義 関東三兄弟
キョウダイジンギカントウサンキョウダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1966年12月31日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

「侠客三国志 佐渡ケ島の決斗」の村尾昭がシナリオを執筆し、「続・兄弟仁義」の山下耕作が監督した“兄弟仁義”シリーズ三作目。撮影は「日本侠客伝 雷門の決斗」の山岸長樹。

スタッフ

企画
西川幸男俊藤浩滋橋本慶一
脚本
村尾昭
監督
山下耕作
撮影
山岸長樹
音楽
菊池俊輔
美術
富田冶郎
照明
和多田弘
録音
堀場一朗
スチール
藤本武
編集
堀池幸三

ストーリー

芝浦から塩居津へ行く客船の中で、塩居津の土建業者阿古島一家の若い衆が酒に酔って大暴れをした。これを鎮めたのが旅の渡世人一力良次郎、三年前に、塩居津の古くからの博徒、老松一家に草鞋をぬぎ、一宿一飯の仁義であこぎな阿古島一家に血の雨を降らせた男だった。彼は子分の辰巳銀次と共に仲間の骨壷を故郷の土に帰してやろうと塩居津にやってきたのだ。時は大正末期、老松一家の初代親分はすでに亡く、二代目梅乃井が代貸の政吉と細々ながら縄張りをしきっていた。そして梅乃井が病弱なことにつけこみ、阿古島一家が何かと言いがかりをつけ、一触即発の状態であったが、梅乃井と義兄弟の藤岡弥太郎が間をとりなしていた。折りから阿古島は大井製鋼重役岡蔵と共謀して漁民を暴力で退出し海岸を埋立てて、工場新設を目論んでいた。ある日漁民の代表が梅乃井を頼ってこの計画をとり止めるようにと言ってきた。梅乃井は早速、阿古島と岡倉が話合っている松風亨に向うが、途中阿古島の手下に妨害され、怒った政吉は手下の一人を傷つけてしまった。これをきっかけとしてついに老松と阿古島の対決は決定的になり、銀次は政吉と義兄弟の契りを結んだ。阿古島の無法が続く一方では梅乃井は東京で大井製鋼の社長と話合って、工場の代替地を探してもらうことにした。が、ある夜阿古島の者に殺されてしまった。さらに殴込みにいった律儀な藤岡も阿古島の代貸郷田の拳銃に倒された。うち続く悲報を聞いて、今は老松一家の三代目親分である政吉は決然とたち上り、銀次と良次郎もその後に続いた。降りしきる豪雨のなか、いずれも死装束に身を固めた三人は、怒涛のごとく阿古島一家に斬込んだ。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。