日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

北国の旅情
キタグニノリョジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年01月03日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
Journey to the North  
上映時間
81分  

石坂洋次郎の原作を、「おゆきさん」の倉本聰と「帰らざる波止場」の山田信夫が脚色し、「白鳥」の西河克己が監督した青春もの。撮影はコンビの高村倉太郎。

スタッフ

企画
笹井英男
原作
石坂洋次郎
脚色
倉本聰山田信夫
監督
西河克己
撮影
高村倉太郎
音楽
池田正義
美術
佐谷晃能
照明
河野愛三
録音
米津次男
スチル
荻野昇
編集
鈴木晄

ストーリー

北国の駅に降り立った上村英吉は、早速、クラスメイトの金井由子の家を訪れた。大学は冬休みに入っていたのだが、由子が帰省中に河原健二と婚約したという手紙をよこしたのだ。英吉の出現で、せっかくの良縁が駄目になるのではないかと、金井家の人は心配した。案の定、健二の父吉之助は英吉の出現に動揺した。また由子の父半造も、由子に英吉との関係を問いただすという有様だった。しかし、由子は英吉に、健二を愛しているから婚約したのだといい。英吉はそれを聞くと、由子の仕合せを祈って金井家を辞した。英吉は由子を前から好いていたのだが……。英吉はその足で、近くの山へ登っていった。一方、河原家では婚約披露宴が開かれた。だが、由子の妹妙子は、姉が本当は英吉を愛しているのだと思いこんで、その不誠実を憎み、姿を見せなかった。友達の保吉と山に行ったのだ。そして妙子がいつまでも帰らないので、家では遭難したのではないかと心配し捜索隊が組織された。一方、英吉が山小屋に入ってみるとそこに妙子がいたので驚き、訳を聞いて妙子を説得した英吉は、彼女を背負って下山した。そのおかげで、英吉はすすめられるままに、再び金井家に厄介になる。そんな英吉を見て、由子の決心もぐらつき、もう一度、結婚について考えたいと、霧澄温泉に行った。その後を健二が追っていった。英吉も、由子と自分についてよく考えてみなければならなかった。そして、健二と由子の間は生活と結びついた愛であり、自分と由子との間は、学園の中での友情なのだと悟った。英吉は温泉に駆けつけると、一切の胸のうちを告白し、健二と握手して二人の仕合せを願うと言い、翌朝、一番列車で英吉は東京に発った。それを健二と由子は、いつまでも見送るのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。