日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あゝ君が愛
アアキミガアイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年03月11日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Barren Love  
上映時間
98分  

曽野綾子の「二つの昇天」を、「神火101・殺しの用心棒」の国弘威雄、中島丈博と「暖流(1966)」の野村芳太郎の三人が共同で脚色し、野村芳太郎が監督したメロドラマ。撮影はコンビの川又昂。

スタッフ

製作
杉崎重美
原作
曽野綾子
脚色
国弘威雄中島丈博野村芳太郎
監督
野村芳太郎
撮影
川又昂
音楽
木下忠司
美術
佐藤公信
照明
三浦礼
録音
栗田周十郎
スチール
佐々木千栄治
編集
浜村義康

ストーリー

都内のある国立病院の看護婦若宮友子は、若く美しく評判がよかった。外科医の丹羽もその腕を高くかわれていた。二人が当番だったある夜、交通事故でかつぎ込まれた市来という中年夫婦があった。偶然、友子の姉育子が働いているボクシング・ジムの持主だった。夫婦はその夜のうちに死亡した。丹羽も友子も両親に早く死別していた。同じような境遇から二人の心は、この夜勤以来、デートを重ねるうちに急速に近づいていった。丹羽には、彼の学資を得るためにかつてアメリカ兵のオンリーになっていた姉敏江がいた。彼女は今胸を病んで療養中だった。育子の勤めるジムでは主人の死後、市来の弟直彦がやってきて、夫婦が生前ジムを継がせようとしていた北村を追い出し、ジムを乗っとろうとした。育子は、この計画をはばもうと、ライバル・ジムの会長の小野に協力を求めた。一方、丹羽に求婚され、育子のもとに相談に行った友子は、意外な事実を知らされた。丹羽も婦長らとともに、直彦に買収されているというのだ。友子には信じられなかった。婚約の時の時計まで直彦から?と疑わざるを得なかった。友子が丹羽に質すと、彼は「姉の治療費に困って、悪いこととは知りながら、つい直彦の頼みをきいてしまった。でも貴女への愛情は純粋だ。それは信じてくれ」と告白するのだった。やがて裁判の日となり、丹羽は自分を犠牲にして、育子たちに有利な証言をした。育子と小野の勝訴に終った。だが丹羽は医師の立場から病院にいられなくなり、郷里に帰っていった。姉育子と小野の晴れ晴れとした顔にくらべ、丹羽のいない病院は、友子にとって冷たく、淋しかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。