日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若社長レインボー作戦
ワカシャチョウレインボーサクセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年05月27日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Operation Rainbow  
上映時間
87分  

「若社長大奮戦」の小林久三と吉田剛がシナリオを執筆、「白昼の惨殺」の梅津明治郎が監督した“若社長”シリーズ第二作目。撮影はコンビの加藤正幸。

スタッフ

製作
升本喜年
脚本
吉田剛小林久三
監督
梅津明治郎
撮影
加藤正幸
音楽
木下忠司
美術
宇野耕司
照明
中村明
録音
小尾幸魚
スチール
赤井博且
編集
大沢しづ

ストーリー

パリ留学から帰った丹下次郎は、マドレーヌ化粧品会社の若社長である。帰国後、新しい経営方針と、七色クリームの売り出しを発表した次郎は、父の伊平から縁談をもち込まれた。相手は大坂の桃井商会の社長の一人娘冴子である。しかし、次郎には意中の娘がいた。大学食堂で働いていた亜紀である。その亜紀が郷里の鳥取に帰ったと知ると、次郎は早速鳥取に向った。途中、次郎は清楚な感じの娘に会い、気を惹かれたが、それが冴子とは知らなかった。鳥取に着いた次郎は亜紀に会ったが、亜紀は次郎がパリ留学中に結婚していた。失意の次郎は帰京すると、七色クリームの計画をレィンボー作戦と名づけ、着々とその実現に精を出し始めた。その頃、マドレーヌ化粧品の柳川専務と、ライバル会社のサンライズ化粧品の吉良が結託して、マドレーヌ乗っ取りを画策していた。一方伊平は、亜紀が既に結婚していると知ると、再び桃井家との縁談を進めていた。次郎は伊平の縁談攻勢に、いまは結婚話よりも仕事が大事だと、単身大阪の桃井を訪れ、冴子との縁談を断った。しかし、冴子が車中で会った清楚な娘だと分ると、次郎も乗り気になった。その次郎に、冴子は自分には将来を誓った恋人がいると告げた。それは次郎の親友英次だった。やがて、新製品発表会の日、七色クリームをつけたマヌカンの顔がただれるという事件が起った。柳川たちが仕組んだのである。苦境に追い込まれた次郎は真相を究明し、柳川とその一派を追い出した。その後、七色クリームの信用は回復し、工場はフル回転を始めた。そして冴子と英次は次郎の手で結ばれ、一方、次郎は当分の間は仕事に没頭しようと思うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。