日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女賭場荒し
オンナトバアラシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年09月30日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Sister Gamblers  
上映時間
86分  

「悪魔からの勲章」の長谷川公之がシナリオを執筆し、「女賭博師」の弓削太郎が監督した“女賭博師”シリーズ第三作目。撮影は「ザ・ガードマン 東京用心棒」の渡辺公夫。

スタッフ

企画
斎藤米二郎
脚本
長谷川公之
監督
弓削太郎
撮影
渡辺公夫
音楽
鏑木創
美術
山口煕
照明
渡辺長治
録音
高橋温生
スチル
椎名勇
編集
中静達治

ストーリー

平凡なオフィスガールの銀子は、得意のダイス捌きで馴染みのバーのバーテンたちをカモるのが唯一の楽しみだった。たまたま個人タクシーの営業を望む父の辰吉が五十万円の金策に苦労しているのを見た銀子は、バーで知り合った鉄に誘われるまま、ある賭場でサイコロ博奕をやった。素人ばなれしたその腕で、銀子は大金を得て辰吉に見せたが、辰吉はいつになく激しく怒った。彼はもと日本一といわれたツボ振りで、やくざな稼業を嫌って堅気になった男だったのだ。辰吉は銀子の金を返しに賭場に行き、そこでイカサマを注意したことから逆に致命傷を負う破目になってしまった。辰吉は最期の際に、銀子に向ってイカサマなしの日本一のツボ振りになれと言い残して息を引取った。それから二年あまりの間、夢中でツボ振りの稽古をした銀子の腕は磨きがかかり、彼女は女だてらに賭場から賭場へ渡り歩く女賭博師になっていた。銀子が、かつて自分を初めて賭場に連れて行った鉄に再会したのはそんな時だった。鉄自身、疾風の鉄と言われるツボ振りだったのだが、彼との三番勝負で勝った銀子は、辰吉の名を継いで「昇り龍のお銀」と名乗るようになった。銀子はある日やはり女賭博師の秋子と、神崎組と田島組のシマを賭けて争うことになった。神崎は落ち目の田島の縄張りを奪おうとこの挙に出たのだが、病床にある田島に同情した銀子は、自分の腕に自信があった。田島組の運命をサイコロに賭けた銀子は、見事な腕で秋子を敗った。その帰り、神崎組の者に襲われた銀子を、秋子は身を挺して守り、重傷を負いながらも銀子が自分の妹だと打ち明けて息を引取った。その場に居合わせた鉄は秋子の仇を取ると、そのまま自首して出たが、彼は秋子とは恋仲だったのだ。以前から、その鉄に秘かに想いを寄せていた銀子は、それを知ってはじめて、勝負師として生き抜く決心をするのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。