日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

脱獄者
ダツゴクシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年10月14日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Breakout  
上映時間
88分  

「若親分兇状旅」の高岩肇がシナリオを執筆し、「眠狂四郎無頼控 魔性の肌」の池広一夫が監督した“刑事”もの。撮影は「監獄への招待」の上原明。

スタッフ

企画
関幸輔
脚本
高岩肇
監督
池広一夫
撮影
上原明
音楽
渡辺岳夫
美術
間野重雄
照明
久保江平八
録音
三枝康徐
スチル
薫森良民
編集
関口章治

ストーリー

大下一郎は敏腕の警部補として暴力団には容赦なかった。たまたま、麻薬取引きに絡んで対立する辻本産商と須藤興業の動きに目をつけていたのだが、そのいざこざで逮捕されたのは七年ぶりで会う弟の三郎だった。須藤興業の身内の三郎は兄を憎んでおり、麻薬取引きのことは何も白状しなかった。一郎は元署長の沢田の信頼が厚く、亡妻との間に出来た一人息子の浩と共に世話になっているのだが、現署長とは折合いが悪かった。三郎は間もなく釈放された。須藤興業と辻本産商の対立はいよいよ激しくなり、殺人事件をひき起すほどだった。それを捜査中、一郎は須藤のワナにはまり、気絶している間に殺人の凶器を遅らされていた。そのため、一郎は殺人犯として逮捕され、新聞は現職警部補の殺人と書きたてた。公判が開かれても無実は証明されず一郎は懲役刑に服さねばならなかった。刑務所の中では、囚人の誰もが、元警官の一郎には冷たく、何かと意地の悪いいたずらをするのだった。その頃、須藤は麻薬密輸ルートを一手に握り、さらに悪どい儲け口を漁っていた。たまたま、沢田が競艇振興会理事であることに目をつけた須藤は、一郎をダシにして三郎を振興会に送り込んだ。そして振興会の不正経理の書類を盗み出し、沢田を脅迫したのである。しかし、沢田がそれに応じないとなると、須藤は沢田を殺させてしまった。一方、一郎は脳腫瘍で三ヵ月の生命と宣告されていたが、そんな時に沢田の死を知り、ひそかに脱獄の機会を狙っていた。ある日、刑務所内で死んだ囚人の死体と入れ替って脱獄した一郎は、その足でまず三郎に会った。三郎はそんな一郎に拳銃を向けたがその場に現われた須藤の口から、一郎が無実の罪で服役していると知ったとき、初めて兄に対して肉親の情を覚えた。しかし、そんな二人を須藤は射った。昏倒しながらも、一郎はその須藤を射ち倒したが、一郎自身は重傷を負い、三郎も肩に傷を受けていた。瀕死の重傷にもかかわらず、一郎は三郎を証人して、事件のいきさつをすべて説明すべく、車で警察署に向った。しかし、一郎は署に着いたとき、すでに息絶えていたのである。そこはかとない、安らぎの漂う一郎を見て、三郎は茫然とつっ立っているばかりだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。