日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

三人の博徒
サンニンノバクト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年12月01日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Three Gamblers  
上映時間
85分  

「浪花侠客 度胸七人斬り」の小沢茂弘と、「兄弟仁義 関東命知らず」の村尾昭が共同でシナリオを執筆し、小沢茂弘が監督したやくざもの。撮影は「日本暗黒史 血の抗争」の鈴木重平。

スタッフ

企画
俊藤浩滋橋本慶一
脚本
小沢茂弘村尾昭
監督
小沢茂弘
撮影
鈴木重平
音楽
津島利章
美術
矢田精治
照明
増田悦章
録音
中山茂二
スチール
中山健司
編集
堀池幸三

ストーリー

昭和初期。横浜港新埠頭建役工事請負の一件から、親分岩井を、荒木一家の杉山勘助に射殺された代貸の小泉吉之助と昇の兄弟は、組の客分大島直次郎に荒木組組長徳三郎を斬らせた。直次郎は網走刑務所に服したが、そこには勘助も送られて来ていた。勘助は、親分の仇とばかり、何かと直次郎に挑戦してきた。が、直次郎の人柄に惚れ、兄弟分の契りを交した。その頃、娑婆では、荒木一家は解散し、岩井一家の二代目を継いだ小泉は、中国人張伝芳と結んで人身売買、麻薬密輸で暴利を貪っていた。その上、小泉兄弟は張と計り、直次郎の妻さとを手篭めにするとマカオに連去ってしまった。それから五年、直次郎は勘助と共に刑を終えて出獄した。しかし、待受けていたのは妻ではなく、小泉らの敵対行為だった。さとが吉之助の橋渡しで張の妾にされマカオに渡ったと仲間から聞かされた直次郎は、勘助を伴なってマカオに乗込んだ。だが、さとはすでに女郎屋に売られたあとで、小泉一味の根城張宅にはいなかった。小泉は、間髪を入れず客分の長野国太郎に襲わせた。が勘助の出現でその場は一応収った。勘助と国太郎は兄弟分だったのだ。国太郎は、岩井一家の悪業に業を煮しながらも、岩井組に義理を通す決心をしていた。一方、さとを必死に探す直次郎は、ある日、万引き中の少年を助けた。その少年が息子であることを知った直次郎は愕然とした。さとは、息子の養育費を得るために女郎に身を落したというのだ。「招福楼」に駆けつけた直次郎は、五年ぶりの再会に涙を流した。その情景を見ていた国太郎は、二人を見逃した。やがて、さとの足抜きを怒った岩井一家は、知人宅へ逃げる二人に機関銃の追いうちをかけた。直次郎を庇い銃弾をあびたさとは、夫と息子に見守られながら息をひきとった。時を同じくして、岩井一家になぶり殺された勘助の無残な死体が、直次郎に届けられた。怒りに燃えた直次郎は、勝負を求める国太郎を激突の末斬ると、狂ったように一家の集合する張宅に現われた。小泉兄弟の悪業に泣く人々の怒りを背負って斬込む直次郎。そんな彼にかなう者は一人もいなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。

[2016/12/26]

映画情報を22件更新しました。