日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

暗黒街シリーズ 荒っぽいのは御免だぜ
アンコクガイシリーズアラッポイノハゴメンダゼ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1967年01月14日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Killer Comes Back  
上映時間
91分  

「暴れ豪右衛門」の井手雅人と「日本侠客伝 雷門の決斗」の野上龍雄がシナリオを執筆、「日本暗黒街」の瀬川昌治が監督したアクションもの。撮影は「侠客三国志 佐渡ケ島の決斗」の星島一郎。

スタッフ

企画
俊藤浩滋橋本慶一
脚本
井手雅人野上龍雄
監督
瀬川昌治
撮影
星島一郎
音楽
木下忠司
美術
井川徳道
照明
北口光三郎
録音
渡部芳丈
スチール
杉本昭三
編集
宮本信太郎

ストーリー

一匹狼の殺し屋相良徹は、自分の雇主花輪英二の裏切りによって監獄へぶちこまれた。八年の刑期を終って出所した徹は、マンションで花輪を射殺し、愛車ポルシェでその場を去った。そのポルシェを実という少年が見ていたのを徹は知らなかった。出所した徹の新しい雇主は、麻薬ルートの独占を計る、金山興行の金山社長で、競争相手の榊を殺すことで、三千万円の殺しの契約をした。榊の支配する関西に飛んだ徹は、南禅寺に榊を襲ったが失敗した。その上、榊お抱えの殺し屋黒木につけ狙われる始末だった。やっと黒木を倒した徹は、深夜、榊ビルに忍びこみエレベーターで夜を明かした。翌朝、榊が数人の護衛を連れて現われた。そして社長室に入る瞬間、徹の拳銃が乱射された。榊を倒した徹は風のごとく関西を離れた。首尾よく、三千万円を手に入れた徹だったが、花輪殺しの目撃者が現われたことを知って愕然とした。目撃者暗殺計画を練った徹は、警視庁に面したビルの屋上からライフルを構えた。刑事たちに物々しく囲まれて警視庁入りする目撃者。それを顔見知りの実少年と知って徹は、どうしてもライフルを発射することができなかった。この事実を知った金山は、徹に払った三千万円強奪をもくろみ、実を誘拐し、その引きかえとして三千万円を徹に要求してきた。場所は御殿場の金山別荘。徹はポルシェに乗って金山別荘に向った。別荘では金山の用心棒たちが、ものものしい警備体制をしいていた。だが、徹は殺しの専門家だ。用心棒たちの隙をみて別荘に忍び入り、金山を射殺した。徹はあっという間に実少年を連れて逃れ去っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。