日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

日本侠客伝 絶縁状
ニホンキョウカクデンゼツエンジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年02月22日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Chivalrous Story of Japan  
上映時間
94分  

「人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊」の棚田吾郎がシナリオを執筆し、「日本侠客伝 斬り込み」のマキノ雅弘が監督した“日本侠客伝”シリーズ第八作目。撮影は「任侠 魚河岸の石松」のわし尾元也。

スタッフ

企画
俊藤浩滋日下部五朗
脚本
棚田吾郎
監督
マキノ雅弘
撮影
わし尾元也
音楽
木下忠司
美術
井川徳道
照明
北口光三郎
録音
東城絹児郎
スチール
中山健司
編集
宮本信太郎

ストーリー

東京で大きな努力をもつ天盟会会長橋爪は、警視庁の暴力団取締り頂上作戦で逮捕された。天盟会傘下の浜田組、平井組、伊坂組は、それ以来、橋爪の灯りをおとなしく待っていた。それから三年、いまは上野組だけが橋爪の留守に悪どく縄張りを広げていた。上野は天盟会会長の座を狙っていたのだ。一方、浜田は次期会長として他の組の親分に声望が高かったから、上野はなにかと浜田組の縄張り内でいざこさを起した。ある日、浜田組の唯一の資金源である賭場を上野は警察に密告、そのため浜田は苦境に立った。新年の事始め式で、浜田は天盟会の乱れを全員に諌めたが、同意したのは平井だけで、上野はそんな浜田をせせら笑っていた。また、妹を浜田に嫁がせている平井は、追いつめられた浜田の子分が、イカサマ賭博をしていると、浜田に忠告した。ある日、刑務所に橋爪を訪ねた浜田は、乱れた会の現状を述べ、会を解散してほしいと訴えた。だが、橋爪は反対した。浜田は、橋爪の健康が刑務所に無理なのを知り、警察から会を解散すれば会長を釈放する、との内示があったのを機会に浜田組の単独解散を強行した。上野はそれをみてほくそ笑んでいた。浜田は組員をそれぞれ正業につかせ、自らも浜田建設を設立した。しかし、上野は次々と旧浜田組組員に迫害を加え始めた。それから間もなく、橋爪は釈放されてきたが、上野の悪どいやり方に愛想をつかし、平井に浜田を呼びにやらせた。上野はその平井を襲い、深手を負わせたのだ。瀕死の平井は、浜田にすべてを話し、息を引き取った。義兄の死に怒った浜田は、白鞘の長脇差を手に、上野組に殴り込んだ。浜田が、任侠道をふみにじった上野一派を倒したことは、いうまでもなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。