日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

陸軍諜報33
リクグンチョウホウサンジュウサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年02月09日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Army Intelligence  
上映時間
88分  

「大奥(秘)物語」の金子武郎と「眠狂四郎女地獄」の高岩肇が共同でシナリオを執筆し、「怪談片目の男」の小林恒夫が監督したスパイもの。撮影は「懲役十八年 仮出獄」の仲沢半次郎。

スタッフ

企画
今田智憲栗山富郎太田浩児
脚本
高岩肇金子武郎
監督
小林恒夫
撮影
仲沢半次郎
音楽
木下忠司
美術
中村修一郎
照明
桑名史郎
録音
小松忠之
スチール
藤井善男
編集
長沢嘉樹

ストーリー

昭和十五年、山本和夫は身に覚えのない罪で軍法会議にかけられ、位階勲等を奪われ、懲役刑を言い渡された。実は、これは和夫が陸軍中野学校の幹部に抜擢されたあとの手順だったのだ。和夫は肉親にそれを知らすることも禁じられ、中野学校四期生として英語、マレー語、柔道、射撃らの訓練を受けた。秋山少佐の訓練は厳しく、死者が出るほどだった。昭和十六年、訓練を終えた和夫たちは、卒業と同時にひとつの任務を与えられた。それは、日本にはりめぐらされている外国の諜報網のひとつを潰すことだった。和夫は同期生の正田とともに、ドイツの駐日通信員ハイゼを探ることになった。和夫はそのうち、意外な事実をつきとめた。和夫の妹素子の夫で新聞記者の柿沼が、ハイゼと秘かに連絡をとっている城北大学教授佐々木との間の連絡員をやっていることだった。事情を問いただした和夫は、柿沼が内情を知らずにやっていることを知ったが柿沼はその直後、何者かに殺されてしまった。柿沼の葬儀の日、和夫は佐々木に近づいたバー「ル・クレール」のマダム杏子を探り、諜報網の全貌を明らかにした。ハイゼは米人ジョンソンに情報を流していたのだった。ハイゼが自殺して事件が落着すると、和夫は北ボルネオに飛んだ。日米間の空気が悪化しているのをみて、英国軍は南方の油田に爆破装置を仕掛けた、との情報が入り、和夫は来るべき日本軍の進駐のため、油由を爆破から守る任務を持っていた。おりから日本軍の真珠湾攻撃が伝えられ、全油田に仕掛けられた爆破装置が数時間後に爆破するというとき、基地に忍び込んだ和夫は爆破装置の電源のある建物に時限爆弾を仕掛けた。その直後、英国兵に発見され、拳銃を乱射しながら逃げた和夫は、ボートで沖に出た。その時、時限爆弾が爆発し、爆破装置の建物が赤々と燃え上っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。