日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

極道
ゴクドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年03月05日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Fast Liver  
上映時間
91分  

「侠客の掟」の鳥居元宏と「侠骨一代」の松本功が共同でシナリオを執筆し、「博奕打ち 総長賭博」の山下耕作が監督したやくざもの。撮影はコンビの山岸長樹。

スタッフ

企画
俊藤浩滋松平乗道
脚本
鳥居元宏松本功
監督
山下耕作
撮影
山岸長樹
音楽
八木正生
美術
富田治郎
照明
井上孝二
録音
中山茂二
スチール
藤本武
編集
堀池幸三

ストーリー

大阪釜ケ崎に縄張りを持つ島村組の組長島村は、既成の暴力団に対抗して一躍名をあげた。島村はさらに、日本一の組織を誇る城西会の会長三田村、その傘下の八ツ藤組組長八ツ藤に対抗をする構えをみせていた。島村はまず箔をつけるために、参謀格の大野の女房おみねが明治時代から続いた天野屋一家の五代目徳造の娘なのを知り、徳造の死で宙にういた六代目の金看板を強引に手に入れたのである。襲名披露をすませた島村は、莫大な資金を持つ城西会に立ち向かうために、悪徳弁護士江森を雇って、最も儲かるブルーフィルムの製作販売に着手した。そのため、八ツ藤組はフィルムの販売ルートを荒され、その上、警察の手入れを受けて大きな傷手を受けた。そんな時、島村の許に一匹狼の侠客杵島が草鞋を脱いだ。島村はある日、八ッ藤が難波新地に駐車ビルを建てようとしているのを知り、強引にその仕事を天野屋の手にしてしまった。再三の妨害に怒った八ツ藤と三田村は、殺し屋を雇って大野を殺したが、杵島は八ツ藤を斬ると、島村に別れを告げて自首していった。だが、巧妙な城西会のやり方に、島村は駐車ビルの建設権を失い、全く孤立してしまった。警察の暴力団取締りも厳しくなり、窮地に追いつめられた島村は、もはや、三田村を倒すことしか考えなかった。二、三人の子分を連れ、島村は城西会に殴り込んでいった。ダイナマイト、拳銃、刀を武器に壮烈な戦いが始った。銃弾を全身に浴びながらも島村は、ついに三田村を斬ったが、自らも力尽きて倒れていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。