日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

男の挑戦(1968)
オトコノチョウセン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年03月01日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
High Speed Challenge  
上映時間
85分  

「東京ナイト」の才賀明がシナリオを執筆し、「喜劇 夫婦善哉」の土居通芳が監督した青春もの。撮影はコンビの平瀬静雄。

スタッフ

製作
猪股尭瀬島光雄
脚本
才賀明
監督
土居通芳
撮影
平瀬静雄
音楽
小川寛興
美術
熊谷正雄
照明
市橋重保
録音
中村寛
編集
浜村義康
スチル
久保哲男

ストーリー

日本自動車の社長津田の次男弘は、毎日のように会社のスピード・テスト場に来ては、猛スピードで車を走らせていた。ある日、そんな弘を誰もとがめようとしなかったが、テスト・ドライバーの猪木だけが弘の我ままを責めた。怒った弘は猪木にレースを挑んだが、惨めな敗北を喫してしまった。それ以来、弘は猪木を抜くため、本気になってレーサーとしての腕を磨き始めた。弘には出生の秘密があった。今の母三技の子ではなく、津田が昔、女事務員に生ませた子だった。そして、猪木の恋人で美容院をやっている規子は弘の実の姉だったのだ。猪木はそれを知ってはいたが、弘には黙っていた。そんなことは知らない弘は、自分を子供扱いにする父に反発して家を飛び出し、ライバル会社ジャガー自動車の社長令嬢伶子と親しくなった。そんな時、米国製スポーツカーの日本販売権を獲得した日本自動車と、国産スポーツカーを同時期に売り出すことになったジャガー自動車との間に、スピード・テストが行なわれることになった。日本自動車は猪木が、そしてジャガー自動車は自力で試乗資格を手に入れた弘が、それぞれ新車に乗りこむことが決った。猪木は規子の妊娠を知ってテストが終ったら結婚しようと約束して車に乗ったが、義弟になるかもしれない弘と争うことに、気が重かった。その猪木が、最後の一周という時に思わずハンドルさばきが鈍ったのはそのためだったかも知れない。猪木の車は柵に激突、炎上した。一方、弘は勝利に酔ったが、伶子から自分の出生にまつわる真相と、猪木と規子の関係を知らされ、急いで病院に駆けつけた。しかし、猪木が息をひきとったあとだった。我ままな次男坊弘は、その時、はじめて男泣きに泣いた。間もなく、二つの会社に技術提携が成立、弘と伶子は結婚することになった。弘は規子とともに猪木の墓に花を捧げたが、その時猪木の墓前で、生涯をテスト・ドライバーとして生きる、と誓うのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。