日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 泥棒学校
キゲキドロボウガッコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年04月06日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
Professor Thief  
上映時間
84分  

「毒薬の匂う女」の池田一朗がシナリオを執筆し、「あるセックス・ドクターの記録」の弓削太郎が監督したコメディ。撮影は「残侠の盃」の渡辺公夫。

スタッフ

企画
原田光夫
脚本
池田一朗
監督
弓削太郎
撮影
渡辺公夫
音楽
池野成
美術
山口煕
照明
田熊源太郎
録音
三枝康徐
スチル
薫森良民
編集
中静達治

ストーリー

多門晃、三十歳、城南大学文学部講師。昼間は大学で美術史を教える青年紳士だったが、夜は門下五人を擁し現ナマ一本やりの盗みをはたらいていた。相次ぐ金庫被りに刑事連は色めきたったが、痕跡ひとつ残さぬ巧妙な手口にただいらだつばかりだった。そんなある日、多門一味の逃走計画に狂いが生じた。いつもの手法で信用金庫からゴッソリ現ナマをせしめたものの表に待機させておいた偽パトカーが近所の夫婦喧嘩のまきぞえをくってパンクしてしまった。多門は折よく通りかかった花屋の小型トラックに便乗して難を逃れた。ところが運転している可愛こちゃんが鬼刑事福田の娘牧子であることは知るよしもなかった。幼なくして母親を失った牧子は刑事部屋でミルクを飲んで育ち、犯罪者カードをカルタにして遊んだだけに素晴らしい推理のカンをもっていた。多門を臭いとにらんだ牧子は色仕掛けに巻込んで真相をつかもうとした。だが、やがて本気で愛するようになってしまった。一方大怪盗も愛情には弱く、とうとう結婚を約束させられる始末だった。結婚前にもうひと仕事を計った多門一味は暴力団田抜組から三千万円を盗みとった。そして多門と牧子の結婚式がやって来た。福田刑事は娘の晴姿に目を細めたが、多門の手下五人がバンド演奏にあらわれて驚いた。それもそのはず五人はいずれもブラックリストにある面々ばかり。花婿多門は姿なき怪盗だったのだ。職務に忠実であるべきか、父親としての情に生きるべきか福田の心は乱れに乱れた。そんな折田抜の子分に見つかった二人はさんざんな目にあった。それを知った多門の子分五人は早速田抜組に乗り込んで大乱戦。そこへ駈けつけた福田は逮捕と称して新婚夫婦を救出した。翌日、警視庁を退職した福田刑事の見送りを後に、二人はヨーロッパに旅発っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。