日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

夜の手配師
ヨルノテハイシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年04月11日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Night Guy  
上映時間
87分  

「三匹の女賭博師」の下飯坂菊馬がシナリオを執筆、「旅路(1967)」の村山新治が監督した風俗もの。撮影は「陸軍諜報33」の仲沢半次郎。

スタッフ

企画
園田実彦扇沢要
脚本
下飯坂菊馬
監督
村山新治
撮影
仲沢半次郎
音楽
八木正生
美術
藤田博
照明
桑名史郎
録音
加瀬寿士
スチール
加藤光男
編集
田中修

ストーリー

剣持秀夫は組長の女と寝たことが発覚して朝倉はじめ組員たちから手荒いリンチを受けた。それから数年。秀夫はバーのホステスを紹介して稼ぐ、夜のスカウトとして銀座に登場した。秘密クラブでバー「貘」のマダム留美からホステス紹介を依頼された秀夫は、早速自分に夢中の初枝と一芝居をうってユカを誘惑した。ユカを「貘」に連れだした秀夫は、そこで未知と嵐子に目をつけた。というのは、キャバレー王二階堂を新しいパトロンに掴み、バー「ドンキー」のママの座についた初枝からの依頼があったからだった。二人を「ドンキー」に引き抜かれた留美は、秀夫によりもホステス時代から犬猿の仲だった初枝に怒りを向けた。一方、秀夫は、かねてから恋人のよし子と世帯を持ちスナックバーを開業しようという計画をもっていた。だが、よし子はサラリーマンの佐伯から求婚され、スナックバーを買うにも金が足りなかった。あせった秀夫は、留美の提案を受けた。他方、よし子は秀夫を狙う朝倉に襲われていた。そんなことは知らない秀夫は、初枝との情事の日と場所を二階堂に密告し、留美との約束通り初枝を「ドンキー」のママの座から引きずり下してしまった。人生の再出発に必要な金を手にした秀夫は、意気揚々、よし子とスナックバーで落ち合った。そして札束と権利書の交換。秀夫とよし子の名前が書きこまれ秀夫は人生で最も輝かしい瞬間を迎えた。だがその喜びは朝倉の登場によってはかなくも潰えてしまった。朝倉とよし子は、もう夫婦だったのだ。絶望にくれ、裏路地を歩く秀夫に、いつの間にか影のように寄り添う初枝の姿がみられた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。