日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

青春の風
セイシュンノカゼ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年03月30日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
The Society  
上映時間
83分  

京都伸夫の原作「花の三銃士」を、「東京ナイト」の才賀明が脚色、「星影の波止場」の西村昭五郎が監督した青春もの。撮影はコンビの姫田真佐久。

スタッフ

企画
坂上静翁
原作
京都伸夫
脚色
才賀明
監督
西村昭五郎
撮影
姫田真佐久
音楽
林光
美術
横尾嘉良
照明
岩木保夫
録音
沼倉範夫
スチル
坂東正男
編集
丹治睦夫

ストーリー

神戸のある女子短期大学を卒業した光子、愛子、峯子の三人は、三銃士といわれるほどの仲よしだが、卒業後、それぞれの道に分れて行った。光子は実家の小豆島に帰り、愛子は兄の圭介と暮らしながらレンタカーの仕事についていたし、峯子は道後温泉の実家で花嫁修業をしていた。ある日、光子は父洋策の友人クーパーからハウスキーパーの依頼があったのを機会に、自らハウスキーパーを志し、神戸へ来た。秘かに光子を愛していた圭介は光子が神戸に戻ってきたのを喜んだが、一方、峯子も親の押しつける縁談を断り、家出してきて愛子と圭介のアパートに転り込んだ。光子は持ち前の明朗な生活でクーパー家の仕事をてきぱき片ずけ、ジョージ坊やにも慕われて、評判が良かった。だが光子は気の弱い圭介が、自分に求婚できないでいるのを歯がゆく思い、圭介のアパートに出かけた。ところが、そこに峯子がいるのですっかり誤解し、圭介の弁解も聞かず怒って帰った。峯子も、圭介を愛していたのだが、圭介は今度は断固として峯子を実家に帰した。光子は、圭介のにえきらない態度にしびれを切らし、休暇を貰って小豆島に帰った。一方、愛子は、雑誌社に勤める恋人の田所と、レンタカーの宜伝に光子と四国を巡礼しようと計画、すぐに光子の後を追った。また、圭介もこんどこそ光子に求婚しようと小豆島に向った。こうして再び、三人の娘たちは四国でめぐりあい、光子と峯子はお互の誤解をといた。圭介も、ようやく光子に求婚したが、もともと圭介を愛していた光子が断るはずもなかった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。