日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

極悪坊主
ゴクアクボウズ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年08月14日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Evil Priest  
上映時間
90分  

「侠骨一代」の村尾昭と山本英明が共同でシナリオを執筆し、「代貸」の佐伯清が監督したアクションもの。撮影は「馬賊やくざ」の山岸長樹。

スタッフ

企画
俊藤浩滋松平乗道
脚本
村尾昭山本英明
監督
佐伯清
撮影
山岸長樹
音楽
菊池俊輔
美術
大門恒夫
照明
井上孝二
録音
荒川輝彦
スチール
藤本武
編集
堀池幸三

ストーリー

本山宗務部に勤める真海の権勢に、西覚寺の行徳はひそかに陰謀をたくらんでいた。観音寺の了達と共に、真海の地位を奪おうというのだ。ある日、真海は町の地回りにからまれている了達を救うため、幾人かを傷つけたことから、ついにその職を追われてしまった。そんな真海は観音寺の管長道然にさとされ、仏門をすてる決心は変えたが、仏僧の醜さを知った真海の生活は変った。喧嘩、女、博奕に明けくれる毎日がつづいた。一方、檀家乗っ取りをたくらむ行徳は真海の身許引受人道然に管長の辞職を迫っていた。そうした折り、真海は家出娘を手籠めにしようとしていた鬼頭一家の少年健太郎を知った。健太郎は邪魔されたのを恨み、真海に短刀を向けたが、刺すことは出来なかった。真海が問いただすうちに、健太郎が真海と同じ父なし子であることが分った。彼には年季明けの間近かな小菊と所帯を持つという夢があった。だが、小菊は悪辣な鬼頭の手で、上海へ売られようとしていた。真海は駒形屋の未亡人実千代とわりない仲になっていたか、二人が逢びきしていたあいまい宿が、西覚寺の一角であるのを知って驚いた。だが真海は鬼頭と手を結んでいる行徳と了達のために、簀巻きにされて隅田川に放りこまれてしまった。彼を救ったのは健太郎の母おちかだった。たまたま、健太郎から、小菊が売られようとしているのを聞いた真海は、鬼頭一家に乗り込み、小菊の証文を奪い取った。一方、行徳は鬼頭とともに道然、真海の殺害をたくらみ、健太郎を人質にしてしまった。怒った真海は西覚寺に躍りこむと、鬼頭や行徳たちを倒し、その陰謀を潰してしまった。そのあと、おちかの言葉から健太郎の父親が道然であるという意外な事実が分り、真海は健太郎と小菊の将来を祝福してやるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。

[2016/12/26]

映画情報を22件更新しました。