日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東シナ海
ヒガシシナカイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年10月05日 
製作会社
今村プロ 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
East China Sea  
上映時間
105分  

今村昌平の原作を、彼自身と「“経営学入門”より ネオン太平記」の磯見忠彦が共同で脚色、磯見忠彦が監督したアクションもの。撮影は「青春の風」の姫田真佐久。

スタッフ

企画
今村昌平
原作
今村昌平
脚色
今村昌平磯見忠彦
監督
磯見忠彦
撮影
姫田真佐久
音楽
鏑木創
美術
園鉄彦
照明
松下文雄
録音
久保田幸雄
スチル
荻野昇
編集
丹治睦夫

ストーリー

おんぼろマグロ船に臨時要員として乗り組んだのは、アルバイト学生の六郎のほかはテキヤの片山、頭の弱いヤスオ、エロ写真売りの泡石、それに少年院出のハーフのジャッキーである。彼らは船会社が員数を揃えるために集めたものだった。船は太平洋の真中でエンジンに故障を起こし、僚船に曳航されて沖縄の那覇港に着いた。乗組員は、僚船でマグロ基地へ行ったが、六郎たら五人は船内待機を命ぜられた。だが、船会社からは、連絡なく、食糧も途絶えてくると、彼らは船の機械を売って金に替えた。その金でバーに行った五人は、土地のやくざ我那覇組と大乱闘になったが、親分の出現でその場は納った。そんな中で、六郎はバーのホステス加奈の魅力にすっかり惚れ込んでしまった。翌朝、船に帰った五人は、船内に見知らぬ男の死体を発見して驚いた。前科者たちがいては警察に知らせるわけにもいかず、さりとて死体を捨てるにも警察の目が光っていて六郎はすっかり困惑してしまった。困りきった彼らは、我那覇に相談し、那覇港から、三、四時間の無人島へ捨てることになった。ところがそこは米軍の射爆場で、彼らはジェット機の猛爆にさらされてしまった。その時、ついてきた我那覇組の二人が逃げ出したことから、犯人が彼らであることが分った。しかも、死体は加奈の従兄で、婚約者でもある祖国復帰運動をしていた男だったのだ。そこで加奈の父に死体の引取りを頼んだが断られてしまった。ともかくも死体を墓の中に置いた五人は我那覇組の目を逃れて脱出しようとしたが、捕まってまた無人島に連れられてしまった。そしてこの島の所有者の老人まで巻添えをくい、米軍の爆撃の恐怖にさらされる破目になった。間一髪、老人の飼っていた犬によって、爆撃を受ける寸前にその危機を切り抜けた五人だったが、結局、那覇警察に留置されたのだった。間もなく、五人は情状を酌量されて釈放になった。自由になった六郎は加奈に求婚したが、加奈はジャッキーを好きになっていた。六郎たちは、ジャッキーを残して、名残り惜し気に沖縄を去っていくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。