日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

スクラップ集団
スクラップシュウダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年11月24日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
106分  

野坂昭如の原作を、「湖の琴」でコンビを組んだ鈴木尚之が脚色、田坂具隆が監督したコメディ。撮影は「銀の長靴」の小杉正雄。

スタッフ

製作
脇田茂
企画
高島幸夫本田延三郎
原作
野坂昭如
脚色
鈴木尚之
監督
田坂具隆
撮影
小杉正雄
音楽
佐藤勝
美術
重田重盛
照明
本橋昭一
録音
田中俊夫
スチル
堺謙一
編集
杉原よ志

ストーリー

釜ケ崎に奇妙な四人の男が集まった。元汲取屋のホースは糞尿の匂いを嗅ぐのが趣味で、廃坑に糞尿を捨てたことから警察沙汰となり、釜ヶ崎に逃げてきた。ケースは福祉事務所の元ケースワーカー。保護を受けていた山田夫婦が再起するという日に、夫婦に懇願されて顔に火傷の痕のある娘を抱いたのだが、翌日、一家は心中していた。再起するというのは嘘で、娘に女の喜びを味わせて心中したのだった。呆然としたケースは退職願を書いた。公園の清掃人ドリームはゴミの匂いに夢中になり、職務怠慢でクビになった男。もう一人はドクター。安楽死の研究に懸命になったばっかりに、医学界からボイコットされ、釜ヶ崎に流れてきたのだった。意気投合したこの四人の男は、人間生活につきまとうすべてのスクラップを商売のネタにすることになった。まず屑屋から始めて金を貯め、広大な土地にスクラップセンターを建てるまでになった。そんなある日、サーカス団の象が死んだのを知った四人は、巨象の死体処理をやり、これが宣伝となって商売は大繁盛となった。ドクターはすっかり事業欲にとりつかれ、廃鉱を買って観光事業にも手を出した。その責任者となったホースは、誰の子とも分らない子供を産んだ春子を連れ、九州に向った。数ヵ月後、春子と共に庶民の生活を満喫していたホースは、坑内で起った落盤で命を落した。その頃ゴミ収集場で、異様な匂いに酔っていたドリームも、異常繁殖したネズミに食い殺されてしまったのだ。一方、ケースは、権力者から独裁者に変っていったドクターと対立し、一人で去っていった。あとには、テレビで演説するドクターの「わが社は地球すらスクラップとし、解体処理出来る」という声が、虚しくひびいていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。