日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

新網走番外地
シンアバシリバンガイチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1968年12月28日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

伊藤一の原作『網走番外地』を「極悪坊主 人斬り数え唄」の村尾昭が脚色し、「ごろつき」のマキノ雅弘が石井輝男からうけついで監督する新シリーズ第一作。撮影は「喜劇 団体列車」の坪井誠が担当した。

スタッフ

企画
俊藤浩滋矢部恒
原案
伊藤一
脚本
村尾昭
監督
マキノ雅弘
撮影
坪井誠
音楽
八木正生
美術
藤田博
照明
川崎保之丞
録音
井上賢三
スチール
遠藤努
編集
田中修

ストーリー

昭和二十三年。復員して来た末広は、新橋駅頭で、進駐軍兵士に無理矢理連行される日本人娘を救った。だが、兵士にパンチを浴せた末広は、即刻逮捕され、北海道の米軍刑務所に送られた。四ヵ月後、末広は再び故郷新橋の士地を踏んだ。しかし、家は焼けて跡かたもなく、母や妹の消息も知れなかった。その頃新橋は、北口の石津組と、南口に努力を張る華僑連合が対立していた。松鐘組の残党小松は、石津組にことごとく楯をついていたが、ある日袋叩きにあっているところを末広に助けられ、以来末広の後を離れなかった。そんな折、末広は出世前の仲間源吉とめぐり合った。そして小松を含めた三人は、石津を強迫し、客分としてもてなすという証文を書かせた。一方、石津も三人を縄張争いに、巧く利用しようと考えていた。やがて末広らは、石津組を襲った華僑連合を、退りぞけ、露店商たちから銀座の顔役と敬われるようになった。末広が、客をひく妹秋子と再会したのは、そんな折だった。末広は妹の姿に怒ったが、秋子の恋人が真面目な中国青年楊であることを知って喜んだ。そして、秋子の仲人を郡司に頼むのだった。だが、その郡司は、末広の恋人、芸者の秀駒を愛していた。末広は二人の板挾に悩んだが、秀駒に郡司との結婚を勧めるのだった。その頃石津は、華僑連合が扱う統制品を北口の露店商に卸そうと考え、連合の幹部劉や崔と同盟を結んだ。仕入値の高さに困惑する露店商を知った末広は、華僑連合を脱退した楊と直接取引出来るようはからった。しかし、この一件は、石津や劉を怒らせ、楊は石津組が故意に起した交通事故の犠牲者となった。その惨状を見た郡司は、単身石津組に殴込んだが、弾丸を浴びて他界した。相次ぐ親友の死に怒った末広は、必殺のカービン銃で、つぎつぎと悪徳やくざを葬っていったのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。

[2016/12/26]

映画情報を22件更新しました。