日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

チンチン55号ぶっ飛ばせ!! 出発進行
チンチンゴジュウゴゴウブットバセシュッパツシンコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年12月31日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「コント55号と水前寺清子の神様の恋人」の吉田剛と「コント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ三百六十五歩のマーチ」の野村芳太郎が共同執筆した脚本を、野村が監督した喜劇。撮影は、「コント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ三百六十五歩のマーチ」の川又昂が担当した。

スタッフ

製作
升本喜年浅井良二
脚本
吉田剛野村芳太郎
監督
野村芳太郎
撮影
川又昂
音楽
いずみたく
美術
重田重盛
照明
三浦礼
録音
栗田周十郎
スチール
赤井博且
編集
浜村義康

ストーリー

北海道から上京した岡本金一は、新宿のフーテンに有金をまき上げられた。そして都電の車掌出口うめに助けられ彼女の家に連れて行かれた。うめには、四人の子供があった。長男の次郎は都電の運転手、次男の三郎は動物園のモノレールの乗務員、長女の春子は家事を取りしきり、次女の夏子は水上バスの車掌で、都交通局勤務の一家であった。うめ一家の居候となった金一は次郎の恋人織江と親しくなり、次郎をやきもきさせた。金一はやがてうめの世話で都電の乗務員として就職した。一方、織江をめぐる金一と次郎の対立は強まった。そんなある日金一の父と妹が金一を連れ戻しに来た。金一は織江との結婚を許してくれなければ帰らないと言い出し、父を怒らせた。しかし、それは煮えきらない次郎を励ますために、金一がアテ馬を買って出たのだった。織江の気持も次郎にあった。それから一カ月後、終電車を借切って次郎と織江の結婚式が行なわれた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。