日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

現代やくざ 与太者の掟
ゲンダイヤクザヨタモノノオキテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年02月01日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「新網走番外地」の村尾昭がシナリオを執筆し、「裏切りの暗黒街」の降旗康男が監督したアクションもの。撮影は「夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース」の星島一郎が担当した。

スタッフ

企画
俊藤浩滋矢部恒
脚本
村尾昭
監督
降旗康男
撮影
星島一郎
音楽
菊池俊輔
美術
北川弘
照明
元持秀雄
録音
内田陽造
スチール
藤井善男
編集
長沢嘉樹

ストーリー

府中刑務所を出た勝又五郎は、持ち金をスラれて困っているところを荒尾組の福地に救われた。折りしも荒尾組は、新宿を仕切る岩上一家の縄張りを狙い、福地は岩上を殺すよう命ぜられた。五郎は、福地と男と男の契りを交し二人で岩上を刺した。だが、五郎は荒尾の組の縄張で、客を集め競馬の賭けをやったことで、荒尾組幹部の拝島を怒らせ五十万円を要求された。金策に困る五郎をみかね、金を用意したのは福地だった。やがて五郎は、手形のパクリを企てた。東京金属化学に目をつけた五郎は、三千万円の取引を承知させると、関東銀行の支店長の友人と偽り、手形を受取った。すべてを見抜いていた荒尾組は、手形の処分を任せるよう迫った。指定された場所に出向いた五郎は、荒尾組に襲われた。ドスを奪った五郎は、手形横どりを企む荒尾と対決したが、福地が五郎の前に立ちはだかったのだ。その場を預ったのは、荒尾と兄弟の仲の五代だった。五代は福地の叔父で五郎とは酒を交しあった仲だった。だが、荒尾は駅前ビルの権利を買う資金にと、執拗に五郎が奪った手形を狙った。そして、福地に手形を奪うよう命じた。やがて、手形入りの鞄を持つ政が荒尾組に殺された。五郎は福地と兄弟の縁を切って対決し拝島を斬り、荒尾を仕止めるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。

[2016/12/26]

映画情報を22件更新しました。