日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旅に出た極道
タビニデタゴクドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年03月30日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

「緋牡丹博徒 花札勝負」の鳥居元宏と「昭和残侠伝 唐獅子仁義」の松本功が脚本を執筆し「荒野の渡世人」の佐藤純彌がメガホンをとったシリーズ第五作。「にっぽん'69 セックス猟奇地帯」の赤塚滋が撮影を担当。

スタッフ

企画
俊藤浩滋松平乗道
脚本
鳥居元宏松本功
監督
佐藤純彌
撮影
赤塚滋
音楽
富田勲
美術
吉村晟
照明
長谷川武夫
録音
東城絹児郎
スチール
杉本昭三
編集
堀池幸三

ストーリー

天野屋一家六代目島村清吉は子分の保とジョージを連れ香港に来た。だが、探し求める妻みね子と白の住居が見つからず、途方に暮れているところを、船で一緒だった彩夏に救われた。ところが、案内されたのは、阿片窟の元締金華郎の隠れ家だった。金は島村たちを、麻薬の運び屋に仕立てようとしたが折しも彼を探していた白に助けられた。白は、島村の子分だが、香港では新華会の江と覇を競うほどの侠客だった。島村は、売春宿桜招待所を経営するみね子と再会した。ところが、舟上売春を経営する江には、桜招待所が目の上のたんこぶ。早速、島村と対決した。そこへビル一味の思わぬ邪魔が入り、勝負は引分け、二人はいつしか意気投合。麻薬組織を潰す目的で島村と江は兄弟の盃を交した。その頃、麻薬密輸と女の売買で莫大な資金を稼いでいたヘンリー一派は、島村の出現に一計を策した。世界各地から大物を集め、東南アジア連盟を結成したヘンリーは、島村らを束縛しようとした。それ以来、ひんぱんと売春女が足抜きされ、中近東へ売られた。ある日、日本から売られて来た佐藤春江の父が彼女の持っていた写真から、元陸軍少尉佐藤こと金であることがわかった。その話を聞いた金は改心し、保に一味の内幕を暴露したが、ヘンリー一味に襲われ絶命してしまった。そして、保もまた連中に襲われ、ヘンリーが秘密結社マフィアと関係をもつことを島村に言い残しこと切れた。やがて、島村は香港に来た照男や江一家を率いてマカオにマフィアの大物サルーバトーレを襲撃し、世界のギャング団をなぎ倒していった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。

[2016/12/26]

映画情報を22件更新しました。