日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

二人の恋人
フタリノコイビト

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年04月12日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「街に泉があった」の井手俊郎が脚本を執筆し、「兄貴の恋人」の森谷司郎が監督した青春もの。撮影は「日本一の裏切り男」の福沢康道。

スタッフ

製作
藤本真澄
脚本
井手俊郎
監督
森谷司郎
撮影
福沢康道
音楽
佐藤勝
美術
中古智
照明
高島利雄
録音
矢野口文雄
スチル
中尾孝
編集
岩下広一

ストーリー

箱根に遊ぶ甲野良平、美千子の父娘、加藤悠一、次郎の兄弟の楽しげな姿。この8ミリ映画に映っている美千子の姿は、もう甲野家には居なかった。そこには、今は亡き美千子を偲ぶ良平とばあやのきみが住むのみだった。そして悠一や次郎、それに良平の出版社に勤める青木夏子と彼女の弟徹たちが集まると、話題は自然と美千子に集中した。婚約者だった悠一は、いまだに美千子の印象から抜けだせなかった。そんなある日、次郎が映画劇場の出札所で美千子と瓜二つの坂本光代に出合った。その話を聞いた夏子は、次郎に口止めし、悠一と光代を自然に合せようとした。悠一が光代に出合ったのはそれから間もなく、家出している次郎を気づかって夏子を訪ねた時だった。夏子は茫然と佇む悠一に、写真のモデルになってもらった光代を紹介した。それから二人はデートを重ね、やがて悠一は求婚した。だが返事はそっけなかった。そして、光代が次郎を愛していることを知った。家に帰った悠一は、自分を光代に求婚させた次郎と喧嘩をした。それ以来なんとなく雰囲気が変った加藤の家。やがて、悠一は家を飛びだした。そして今度は僕が家出をして来たんだよと夏子を訪れるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。