日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

やくざ渡り鳥 悪党稼業
ヤクザワタリドリアクトウカギョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年04月16日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「女番長 仁義破り」の山崎巌が脚本を執筆し、コンビの江崎実生が監督した新シリーズの仁侠アクション。撮影は「地獄の破門状」の横山実。

スタッフ

企画
友田二郎
脚本
山崎巌
監督
江崎実生
撮影
横山実
音楽
佐藤允彦
美術
佐谷晃能
照明
大西美津男
録音
沼倉範夫
スチール
井本俊康
編集
鈴木晄

ストーリー

昭和三十二年頃のある温泉町。八方破れの極道者鬼頭善吉は、宇野組の女郎勝子を玉抜きから救い、組にワラジを脱ぐことになった。その頃、反対勢力の南条組では、売春禁止法を察知し、麻薬に将来の活路を求めていた。それを知った宇野は、南条の息子茂殺しを鬼頭に命じた。ところが、鬼頭は金を握ると早速南条組に走り密告した。しかし、そこには鬼頭がかつて密輪品を横取りした相手の南条組幹部立原が刑期を終えて出所しており、計算通り運ばなかった。そして、立原から鬼頭の急場を救ったのは番港ジョーだった。銭に目のない鬼頭は、宇野の子分松吉を手下に引きいれ、南条組の麻薬横取りを策し、さらに南条組の女郎を玉抜きして、宇野組に送りこみ、両者を闘わせる算段をしていた。立原は、それを知って鬼頭と対決したが、またもや香港ジョーが現われ、弟分千野の仇と斬りかかられる始末だった。鬼頭が、かねてから惹かれていた病身の女郎信子から、兄立原を捜しているとの話を聞いたのは、そんな折だった。さらに、信子を女郎に落しこめたのが、茂だと知った鬼頭は、密輪に邪魔な宇野殺しを餌に南条の身内に入りこんだ。そして、茂と立原が麻薬点検中のところを爆竹で混乱させ、金を奪った。ところが、それはニセ札、怒った鬼頭は立原におどりかかったが、そこへ宇野らが乗込み大乱闘になった。やがて、信子は病状が悪化し、立原や鬼頭に見とられて息をひきとった。そこで、事の一部始終を知った立原は鬼頭に詫び共に南条組を襲ったが、またまた香港ジョーが現われ、欲深い三人の間でまた銭と麻薬の争奪戦が展開した。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。