日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年1月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

懲役三兄弟
チョウエキサンキョウダイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年05月03日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

「殺し屋をバラせ」の石松愛弘がシナリオを執筆し、「兵隊極道」の佐伯清が監督した任侠もの。撮影は「博徒列伝」の鈴木重平が担当した。

スタッフ

企画
俊藤浩滋日下部五朗佐藤雅夫
脚本
石松愛弘
監督
佐伯清
撮影
鈴木重平
音楽
小川寛興
美術
石原昭
照明
金子凱美
録音
中山茂二
スチール
杉本昭三
編集
堀池幸三

ストーリー

戦後の混乱期。刑務所生活から解放された矢口辰夫は、服役中、ことあるごとに対立して来た団七と神戸の賭場で出会った。そこで賭場荒しをした二人は、大沢一家に包囲されたが、その急場を刑務所で一緒だった侠客の神崎政吉に助けられた。政吉は、東洋会との争いで死んだ先代組長への義理から、二人を別府の松井一家に送り込み、その再興をはかった。その頃、団七が探し求めていた妹のスミ子は東洋会の支配下で女郎をしていた。団七は、辰夫と共に東洋会に乗込んだが、松井がその復讐に会い、重傷を負ってしまった。これに怒った二人は、ふたたび東洋会に乗込み、副会長の仁政を人質にしたが、会長の揚は人質にしているスミ子を楯に釈放させた。その後、東洋会はますます狂暴化し、スミ子を射殺し、会に反抗する素人衆を人質にした。辰夫、政吉、団七は武器を持って、反撃の機会を伺ったが、卑怯な東洋会に、包囲され手がでなかった。素人衆を救ったのは政吉の義兄弟大和久だった。だが東洋会は政吉を襲い、救出に向った大和久をも殺してしまった。残された団七と辰夫はさっそく、東洋会に立向ったが、団七は力つき全身に銃弾を浴びて世を去った。政吉と団七の弔合戦に最後の力をふりしぼる辰夫は急を聞いてかけつけた勇次郎とともに東洋会を全滅させた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。

[2016/12/26]

映画情報を22件更新しました。