日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 逆転旅行
キゲキギャクテンリョコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年08月09日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「喜劇 婚前旅行」の舟橋和郎、瀬川昌治、高羽哲夫のトリオが、脚本、監督、撮影を担当した旅行シリーズ第三作。

スタッフ

製作
島津清
原作
舟橋和郎
脚本
舟橋和郎
監督
瀬川昌治
撮影
高羽哲夫
音楽
いずみたく
美術
熊谷正雄
照明
青木好文
録音
鈴木正男
スチール
金田正
編集
浦岡敬一

ストーリー

長谷川吾一は、三十二歳でまだ独身。国鉄を愛してやまぬ東北本線急行の専務車掌である。そんな吾一に、幼ななじみの美人芸者さくらは夢中。かおり先生おめあてに、黒一点もいとわず吾一が通う料理学校にも、ついてくるありさま。一方、吾一家の居候、乗客掛の新作は、食堂車パーサー・矢代大吉の娘、ウエイトレスの綾子と恋仲になったが、昔堅気な大吉に仲を裂かれてしまった。新作のため、これを怒った吾一の母みねは、矢代家にのりこんだが、話し合ううち、後家とやもめのみねと大吉は、すっかり意気投合。ついに結婚宣言をして周囲を唖然とさせた。年に一度の竿灯祭の夜、ついに、吾一はかおりにプロポーズした。答えはイエス。ただし、吾一が国鉄をやめ、かおりの父のリンゴ園をつぐという条件つきだった。一晩悩んだ吾一は、翌日「国鉄をやめ、あなたをとる」とかおりに告げ、そのかわり婚約の誓いに今夜ホテルであってくれと頼むのだった。その夜最後の乗務を感慨深く終えた吾一は、胸はずませ約束のホテルのドアを開いた。が、そこにいたのはさくら。国鉄を愛する彼の心を汲んだかおりが、身をひいたためだった。だまされたと知った吾一はヤケ酒をあおり、絶望したさくらは、睡眠薬自殺を図った。これには吾一も驚いて介抱。しかしこれも女たちの計略だったのだ。数日後、吾一、さくらを乗せた新婚列車が、奥羽路をひた走っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。