日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

賞金稼ぎ
ショウキンカセギ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年08月13日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
Killer's Mission  
上映時間
90分  

「妖艶毒婦伝 人斬りお勝」の高田宏治と「飛び出す冒険映画 赤影」の伊上勝が共同で脚本を書き、「緋牡丹博徒 二代目襲名」の小沢茂弘が監督したシリーズ第一作。「戦後最大の賭場」の山岸長樹が撮影を担当。

スタッフ

企画
俊藤浩滋松平乗道
脚本
高田宏治伊上勝
監督
小沢茂弘
撮影
山岸長樹
音楽
八木正生
美術
矢田精治
照明
増田悦章
録音
中山茂二
スチール
杉本昭三
編集
堀池幸三

ストーリー

宝暦二年、オランダは最新式軍用銃を安価に提供する見返りに、無条件和親条約を幕府に求めたが、将軍家重は、これを拒絶。オランダは、交渉相手を雄藩薩摩に切りかえた。そのため家重は、腹心の影武者錣市兵衛を薩摩に向かわせた。途中川止めになった大井川で、老中牧野豊後守の放った隠密陽炎と、薩摩藩江戸家老伊集院右京が、幕府隠密を見張るために放った隠し目付曲垣藤九郎と、市兵衛は知り合った。陽炎は、薬商与藤次を尋ね、謀叛の証拠を集めようとした。市兵衛は、過激派で山嶽党頭領かつ薩摩藩大目付の掟山二階堂をさぐり、新式銃の所在を知り、破壊しようと桜島に渡った。桜島で市兵衛は、山嶽党員茜にあやしまれ、命をねらわれた。が逆に、砦に案内させ二階堂に会見を求めたが、捕えられ、断崖から突き落されたが、危うく死はまぬがれた。その時、市兵衛は、二階堂のもたらした言葉から、与藤次の薩摩への寝返りと、新式銃がまだ薩摩の手に渡っていないことを知った。陽炎は、山嶽党員に捕えられ、処刑されそうになったが、これを見た与藤次は、心の痛みに耐えかね、陽炎を救おうとしたが見つかり、惨殺された。しかし陽炎は、茜、市兵衛に助けられた。その頃、オランダ船上で銃売買を含む和親条約の調印が行われていた。それを知った陽炎は、一人港に斬りこもうとし、市兵衛は陽炎の身を案じた。そんな市兵衛に茜は嫉妬し、陽炎を密告した。再び捕われた陽炎を助けに、オランダ船に乗りこんだ市兵衛は、右京を倒し、新式銃に火薬をしかけ、海へ逃れた。船は、赤々と火炎を吹上げて沈んでいった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。