日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

喜劇 深夜族
キゲキシンヤゾク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年08月27日 
製作会社
松竹 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「七つの顔の女」の宮川一郎と「いい湯だな 全員集合!!」の森崎東が脚本を共同執筆し、「いい湯だな 全員集合!!」の渡辺祐介がメガホンをとった喜劇。撮影は同作を担当した荒野諒一。

スタッフ

製作
瀬島光雄
脚本
宮川一郎森崎東
監督
渡辺祐介
撮影
荒野諒一
音楽
木下忠司
美術
佐藤公信
照明
飯島博
録音
山本忠彦
スチール
佐々木千栄治
編集
寺田昭光

ストーリー

重盛幸子は、昼は店員、夜は父親平三に内緒でコールガールをやっていた。平三もまた娘に守衛と偽り、ポン引き業に精を出していた。彼は正統派ポン引きを自認し、街頭恋愛仲介を世のためと誇っている。久一は、平三の名人芸に魅せられ弟子入りをした。だが、最初の仕事は大失敗。ヤクザの吉岡組から美智子を引抜き、失神作家菊地に、紹介したまではよかったが、菊地が警察へ連行されたことから、久一もいもづる式にあげられてしまった。その時、久一は幸子を知った。彼女は初めて警察に捕ったものの平然としていたからだった。だが、幸子は詰問されるうち、平三の写真を見せられ、はじめて父の職業を知った。それから間もなく、平三は幸子に出張と偽り、久一の身代わりとなって刑務所に拘留された。久一は、師匠の思いやりに大感激、新しい玉を確保して平三の出所を待った。だがその田舎娘は、家出した父を探しに上京したという。同情した平三も人の親、彼女を郷里に帰した。やがて、平三に幸子の行為のすべてか露見した。それは久一が師匠の娘とも知らず、田舎娘の代役に幸子を使ったからだった。しかも、二人は結婚するという。平三はあきれ顔でそれを許すと、夜の街へ新しい幸せを売りに消えていった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。