日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

いそぎんちゃく
イソギンチャク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
1969年08月30日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
83分  

「あゝ海軍」の石松愛弘が脚本を書き、「与太郎戦記」の弓削太郎、渡辺公夫のコンビが監督、撮影を担当した風俗もの。

スタッフ

企画
関幸輔
脚本
石松愛弘
監督
弓削太郎
撮影
渡辺公夫
音楽
池野成
美術
後藤岱二郎
照明
泉正蔵
録音
三枝康徐
スチル
椎名勇
編集
糸井敬男

ストーリー

石田浜子は、魅惑的な身体をしていた。浜子が初めて男を知ったのは、川井クリーニング店に住み込んで、三月ほどたった頃だった。主人の健三は、妻の房代の不在中に強引に関係を結んだのだった。その後、現場を房代に見られ、大騒ぎになったが、浜子は動じる様子もなく、十万円の手切金をもらってさっさと店を出た。次に、浜子は季節料理店「福助」に住み込み、その日のうちに、店の客・柏木老人に面倒をみてもらうことになった。しかし、ある夜、柏木が脳溢血で倒れた。そして看病にかけつけた息子の貞吉と柏木の病床の傍らで関係した。柏木は、そのショックで死んだ。浜子は、貞吉から、小切手とアパートを貰うと、高いアパートを出て、安アパートに移り、勤め口もピンク・サロンに変えた。そこで知ったトランペット吹きの室井と同棲生活を始めたが、室井の目的は浜子の金だった。それに気づいた浜子は夜ごとに女の身体を武器に室井に迫り、ついに室井は逃げ出してしまった。次に、なじみ客の宣伝マン岡崎をカモにして、貢がせたが、岡崎は会社の金を横領していた。そのことで口論し、怒った岡崎は、果物ナイフで浜子に襲いかかったが、揉み合ううち、岡崎が刺されて重傷を負った。裁判の結果、浜子の正当防衛が認められた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。