日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

組織暴力 兄弟盃
ソシキボウリョクキョウダイサカズキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年09月06日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
The Private Police  
上映時間
93分  

岩佐義人の原作を「懲役三兄弟」の石松愛弘が脚色し「旅に出た極道」の佐藤純彌が監督した任侠アクション。撮影は「日本侠客伝 花と竜」の飯村雅彦。

スタッフ

企画
俊藤浩滋吉田達
原作
岩佐義人
脚色
石松愛弘
監督
佐藤純彌
撮影
飯村雅彦
音楽
菊池俊輔
美術
北川弘
照明
大野忠三郎
録音
井上賢三
編集
長沢嘉樹
スチル
藤井義男

ストーリー

戦後、荒廃した銀座。復員してきた木島は、GIの手から伸子という娘を救ったことで、特攻くずれの大場と知り合った。どうせ捨てた命と、二人は腕力にまかせて勢力を伸ばしついに、新旧やくざ、戸川組と桜田一家の争いを利用し、名門大門一家に、銀座での縄張りを認めさせるまでとなった。が、この争いで、戸川を殺した木島は組を去らねばならなかった。戦友津ヶ谷と組み再起を期した木島は、米兵の慰安婦となっている津ヶ谷の妻を救おうとして失敗、逮捕された。数年後、出所した木島は、銀座一の顔役となった大場と共に、ふたたび名を上げていったが、大場を妬む武上一家と対決し、重傷を負った。このため、大場、武上の対立は激化し、一触即発の情勢となり、右翼の大物加納の調停を受けねばならなかった。瞬時の平和。だがこの平和も、大場たちが、加納を黒幕とした八億円の不正融資を知ったため、加納の手先松木一家と大場たちの死闘が起り、終りを告げた。加納は、この事件を五千万円で揉み消すよう大場に迫り承知させた。木島はこれに反対。二人は別れを決意した。が、加納の凶弾から、身をもって木島をかばったのは大場だった。怒りをこめ、木島は、加納に銃口を向けた。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /ビスタ
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。