日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

かげろう(1969)
カゲロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1969年10月29日 
製作会社
近代映画協会 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
Heat Wave Island  
上映時間
104分  

「触角」の新藤兼人が脚本・監督を担当、撮影も新藤チームの黒田清巳が加わった。なお新人の関功が脚本執筆に参加している。

スタッフ

製作
絲屋寿雄能登節雄桑原一雄
脚本
新藤兼人関功
監督
新藤兼人
撮影
黒田清巳
音楽
林光
美術
井川徳道
照明
岡本健一
録音
大橋鉄矢
編集
榎寿雄
スチル
神山征二郎

ストーリー

真夏のある夜、屍体を引っ張って尾道に向かう伝馬船があった。被害者は、尾道のバー「磯千鳥」のマダム・おとよだった。尾道警察では、大石主任刑事らで緊急捜査班を編成、この奇怪な事件の解明に乗り出した。さて、とよの屍体は二つの鍵を持っていた。一つは店の鍵もう一方は同じ店に勤める若い娘道子のアパートの鍵だった。捜査陣は道子を追求、つづいて彼女と関係のあった中西を追ったが、何らの糸口も掴み得なかった。やがて、おとよの過去が明るみに出た。それは、彼女と関係のあった本郷、土田が中西と同じ三笠島出身であることと彼女が知的障害者の息子を島の役場に預けて離島したという事実だった。三笠島から戻った大石たちは、伝馬船が道子の出身地大根島のものであることをつきとめた。大石の推理では、犯行が大根島で行なわれ、犯人が伝馬船で屍体を運び、どこかに埋めようとした、らしい。そして事件当日、「磯千鳥」にかかった謎の電話、おとよから七万円の借金をしていた道子か、ふたたびクローズアップされた。その道子は向島の造船所に勤めていた。やがて、尾行していた刑事たちは、青年に近づく道子を見つけた。青年は堀という大根島出身の造船工。彼は、三カ月前に大怪我をし五万円余の入院費を支払っている。刑事たちは、道子の借金が堀のために使われたと確信したが、その確証は得られなかった。そんな折、入院中で捜査圏外にいた中西が病院から三笠島へ逃亡、後を追った大石は彼を厳しく追求、二〇年前に起こったある事件について白状させた。それは、嵐で遭難した貨物船を島民が襲い、船頭を殺して荷を奪った、というものだった。その時、村は中西が指揮したこの事件を黙殺、高熱を出した息子を救うために船を出したおとよの夫は殺された。この事件後、おとよは島を追われ、子供は村で養われるようになった。中西は、そんなおとよが肉体をはって復讐しようと計り、自分の肉体の衰えを若い道子にかたがわりさせよう、としていたと告白した。その道子を、大石は出勤フェリーボートの中でマーク、たまたまそのとき海に落ちた少年を救いに飛び込んだ堀が、手足の自由を奪われて苦しむのをみた。大石が決定的瞬間をとらえたのはその時、道子は知らぬと頑強に否定していた男の名を叫んでしまった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /スタンダード(1:1.37)
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。